FC2ブログ

2017-02

伝説を作ろう@ステレオパンダ単独ライブ

単独ライブ名が著しく長いので、タイトルには入らなかったステレオパンダさんの単独ライブ@赤坂ブリッツ。
「結成一年で赤坂BLITZで単独する若手は僕らだけです!どうか関係者の皆様お仕事ください!売れたいんです!フリーなのでフットワークは軽いです!」
どこまでがタイトルかすら不明!
という全てが斬新なライブ。
私は基本チケット貧乏なわけだが、デザインが良すぎてTシャツ買いかけた。
ヤバイ。

で、お笑い的には赤坂ブリッツはSレア。
個人的には赤坂ブリッツは観劇でなんどか行っているから、勝手知ったる劇場だけど。
なんと2階席は丸ごと関係者席。
流石だな、顔が広い。

さて、まずライブのオープニングで軽く漫才的な内容を。
ツッコミ方について突っ込む漫才ののち、オープニング映像。
今回映像のクオリティが軒並み高く、カッコいい。
赤坂に似合う仕上がり。

その後、早速企画タイム。
結成一年という事もあって、ネタは決して多くない。
ツイートしてください!といきなり言い出す彼ら。
ツイッターのトレンドワードに入りたいらしい。
一応私も協力。
でもコレ、1分2分で結果の出るもんじゃないのよ。
というわけでライブエンディングまでしばし結果待ち。


ネタにもどって、漫才2本。
オモチャのチャチャチャの漫才、「もしも」の話の漫才。

その後再び企画タイム。
企画のMCはノブナガさんというコンビで、企画内容はマネージャーオーディション。
候補は4人。
女子二人、男子二人。
いずれも若い…1人を除いては。
なんと先輩の芸人さんが登場!
そんなてんやわんやもありつつも、マネージャーは男の子に決定。
マネージャー志望の子たちは芸人さんではないのだが、特技披露でフラフープしたり、チェリーボーイカミングアウトしたり。
なかなかの胆の座った子たちばかりで見応え充分。


そしてまた漫才2本。
ヤバい彼女を演じるコント漫才、嫌な一日ってあるよね~という漫才。

そしてその後怒涛の告知タイム。
まず全国ツアー開催決定。
いや、全国って言っても三か所だけども、東京、名古屋、大阪と。
賞レースの1回戦の会場になるぐらいの街揃いだから、お笑いファンは結構いるだろう。
関西弁&共通語コンビなだけに、全国対応しやすいだろうし。
それはそうと、ここでもまた告知映像がカッコイイのよ。
プロの手が入っているそうで。
こういうところを潔く外注するってそういえば今まであんまりいなかったよね。

赤坂ブリッツでやるにあたって、10万円席を限定で売り出して物議を醸した彼ら。
だけど、赤ブリの他の公演を見ていれば、一般席2000円がどれだけリスキーな価格設定かはわかるし。
そこで黙って持ち出しで公演打つんじゃなく、「俺ら面白いからスポンサーになってくれ」ってのはアリだと思うんだ。
私は2000円客だけど、スポンサーの10万円のおかげで外注できたカッコイイ映像には大満足だし。

彼らはセルフプロデュースがとんでもなく上手い。
だから有名ブランドがパンダ柄スーツ作ってくれて、それを新衣装にできたし。
ネタは、組んで一年らしい荒々しいところももちろんある。
だけど、「こいつら化けるぞ」というワクワクが止まらない。

最後にお互いの「この一年で撮った印象的な一枚」を。
さかいさんは「まなぶさんの合コンでの1枚」をチョイス。
まなぶさんは「二人で行ったフットサルのアクシデントな1枚」をチョイス。

そしてまさかのオマケつき。
オリジナルソング発表!
タイトルは「ピエロ」。
2人の生い立ちや思いを織り込んだ、歌いやすいメロディのJ-pop。
これもプロの手が入っている。
赤坂ブリッツだから音がいいし、芸人さんって基本的におなかから声を出すスキルはあるわけで。
結構いい感じの仕上がりに。
あれかな、これはツアーでも使うのかしら?
破天荒な彼らの今後が楽しみ。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック