FC2ブログ

2017-01

髪とあだ名と成長と@ぶっこみライブ

毎月恒例ぶっこみライブ。
でも、ジョンさんは今月でラスト。
もう解散カウントダウンが始まっている。



トムブラウンさんは急遽みちおさんがピンでの出演。
コント成分多めの漫談という、普段の漫才の型を忠実に再現したピンネタ。
なんせピンネタになった原因が相方さんのひろきさんのインフルエンザだそうで。
準備期間もなかったのね。
1本目は「生霊に憑りつかれちゃうんです」と話が中断しまくる漫談。
生霊のバリエーションの中には普段のネタ(一休さん)に出てくるキャラも混在。
2本目は「生まれ変わっても」という漫談。
こちらはネタ時間短め、ホラー成分が足りない!
もっと怖いみちおさんが見たいわ~。




ちょこっとダンディさんは1本目は「マイホームを持ちたい」という漫才。
2本目は「彼女欲しい」という漫才。
どちらも直球勝負!
最近イレギュラーな型の漫才が減って、こっちのパターンが増えてきてるね。
ショコラさんの慇懃無礼な感じが引き立って良し。
ひで麿さんの衣装が最近ころころ変わってるのはどうした?
マスコット感の強いひで麿さんなので、個人的には原色着ててほしいわ。
ショコラさんに対してジタバタするひで麿さんがとにかく可愛いのよ。
「っぽい!」とかそのうち一緒に口ずさんでしまいそう。




ホタテーズさんは「デブは損」「デブが遊園地に行っても」という漫才2本。
最近の彼らはネタタイトルつけにくいような、話題が飛ぶ系統の漫才が多かった。
とはいえ今日はネタ2本。
エピソードを2本に分けた結果として、ジャンルの近いものを1本にまとめることになり、やや話題の統一感は増してるかな。
どちらのネタも、ぶーちゃんさんはひたすら怒る怒る。
最近のカラオケにはカロリー表示機能あるんだから、漫才のセンターマイクにもカロリー表示つけてみたいわね。
ぶーちゃんさんは相当消費してると思うのよ。
で、それでなんであの体型を維持できるんだ?!
真相は…ハムにマヨネーズ。
この意味はネタを見ればわかる!
ていうかハムにマヨネーズって一般的なの??




畑秀之さんはショートコント的な感じの2本。
「理不尽な目に遭う常識人」と「理不尽の塊」の両方を演じ分ける畑さん。
真逆なキャラクターのはずなのに、どっちも似合うのよね。
だからショートコント形式にするとネタの幅の広さ、層の厚さが浮き彫りになる。
そろそろ単独ライブとか来ないかな~。
ショートネタにしたせいか、今回は音響ガッツリ系のネタはない。
音響ガッツリ系は場所を選ぶ(ラジカセ音源の環境では厳しい)ので、このライブに限っては音響ガッツリ系ナシが正解だと思う
ので大満足。
ネタの背景を妄想しがいのあるネタばかりで、どれも1本のねたになりそうで、すごく贅沢なネタだった。





ハニーベージュさん。
漫才とコントの二本立て。
とはいえ、キャラというか空気というか、そういうベースが一切変わらない二人。
漫才の方は秋本さんの「振られたことがない」から話が飛んでいく。
ちょっと眉間にしわを寄せた秋本さんがとてもムカつく、いい構成。
「きしょいのう」という福間さんのツッコミの温かみが雰囲気をよくしているのね。
コントの方は「あの女の子こっち見てる」と言われ、どんどんカッコつけ出すコント。
「女の子の事意識してない振りしつつ必死のカッコつけ」がもうね、可愛くて可愛くて。
ああいう「バカな男子」って貴重だよ、絶滅危惧種だよ。
今回は途中で普段しないであろう演出まで入っていて、お得。





ジョンさん。
いろいろ工面して彼らの2本目がライブの大トリになるようにしてくれる、このライブに感謝。
1本目は「今年の一文字」。
比較的まとめ感のあるネタで、カウントダウンを意識してしまう…
最後の最後はやっぱり「料理男子」。
そうだよね。
一番回数見たネタだし、M-1もこれで行ってたし。
初期バージョンを覚えているだけに、彼らの成長をこのネタで実感してきただけに、感無量。
いつもの「終わるぞ、終わりたくない」のやりとりも、今日は特別。
梶原さんの髪が伸びるごとに増えていたあだ名のバリエーションも、もう増えないのね。




エンディングのトークは専ら、「ジョンさんの今後の身の振り方」に終始。
田中さんはユニットで様子を見つつ漫才を続ける。
梶原さんはピン芸人になる、との事。
来月のぶっこみライブ、どうなるのかしら。
解散しても二人とも来月ここにいる前提でトークを進めてくれるここの温かさ。
そうよ、来月も絶対いてね。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック