FC2ブログ

2016-09

女はいつだって限定物に弱い@笑いの現象学

今月もきたよ、出演者最多ライブ!
今回ついに終演が23時超え。
普通のライブの2本分は優にある。


さて、ネタの感想へ。



昨日のカレーを温めてさん。
潔癖症の友達と漫画喫茶にきたら…
何でも消毒!
まぁね、だろうね。
椅子を消毒、机を消毒。
空気が汚いと気になって…うんうんわかるよ。
「尻は汚い」
??!!
椅子を拭きつつ、なんつ~ことをw
いや事実だけどw
同行者の友達が実に可哀想なコント。




成田デシリットルさん。
驚異の偶然!
連続で潔癖症のコント!
こちらは潔癖症の友人のホームパーティーに誘われて困惑する1人コント。
衣装からして…
こんなパーティー楽しくないでしょw
時々足で何かを蹴るような動作をしつつネタが進む。
あの動作に意味があった事を知った瞬間が面白すぎる。




吉川唯之さん。
毎度おなじみ手作り人形。
今回は牛だけど。
僕は高校生、彼女が突然牛になっちゃった!
…そんな事あってたまるかw
彼女のミルクを飲むなw
その前に、いくら牛だからっておっぱい丸出しで外を歩いていいのか?
二足歩行の牛がニュースにならないのか?w
もう一瞬で何十個もツッコミの浮かぶ状況。
身を任せて笑ってしまえばいいw



マザーテラサワさん。
なんとハイヒールデビューです。
…よくサイズがあったね。
10センチぐらいのピンヒール。
こうなってくるともうバニーガールというよりドラッグクイーン。
ガコッガコッと明らかに慣れてない足音でなんとか舞台中央までたどり着き、機関車トーマスのパロディのフリップを。
これがねえ、バニー抜きにしても笑いあり涙ありのいいネタなのよ。
だから情報入ってこないってばw
しまいにゃ「集中できない!」とか言ってバニーの耳投げ捨てるし。
高橋尚子か!w(古



キャットストリートさん。
ののべさんが弟、小寺さんがお兄ちゃんでコント。
いろいろ萌え語りはあるが置いといて、ののべさんの「~~で~す」という独特のイントネーション、子役にハマらないわけがない。
小寺さんはお兄ちゃん超えてお父さんに見える瞬間があり(二人は同級生コンビ)、そこにまた笑う。
ののべさんの子役がなんともまぁいい子でねえ。
そりゃあお兄ちゃんも可愛がっちゃうよね!
子供特有のわけわからない「もし○○だったら~」を大人がこうも忠実に再現できるものか。
その洞察力がすごいと思う。




ひぐま岬さん。
我妻さんは陶芸家、太田さんはインタビューに来た何かの記者。
陶芸家、それっぽいけど全てが軽い。
そして酒を飲みたがる。
舞台中央に布で隠した机があり、陶芸の作品は何かしら問題作なのだろうと予測はついていたが…
まさかああなるとはw
うん、材料は百円ショップかな?
つ~かアレ窯は要るのか?w
太田さんが「酒好きの軽い男」を嫌いだ、という事を全身で表現していたのが私的には一番の笑いのポイント。
わかるわかるその気持ちw





ちょこっとダンディさん。
怖い話をしよう、の漫才。
ショコラさんはひたすら怖い話を。
その横でちょこまかジタバタと存在を主張するひで麿さん。
ショコラさんの声にはノイズキャンセラー機能でもあるのか?w
なんであのひで麿さんの独特の滑舌にもう一個音声乗っけてるのにちゃんと理解できるんだろう。
会話は成立していないのに、絶対録音相手じゃできないあの芸は確かに漫才だ。





シルキーラインさん。
姓名判断の占い師のところに来た男。
「画数は大事ですよ」
じゃあ同姓同名は同じ運勢になるんだな?
うんまぁそういう理屈かな。
ところが。
人生のどん底にいる彼はとある有名人と同姓同名。
明らかに慌てる占い師。
うわ~なんかリアルだw





小嶋幸太郎さん。
とあるゲーム雑誌の読者に関する考察。
的なフリップ。
今日のフリップは漫画のページのコピーじゃないので通常サイズw
普段がおかしいんだけど、アレでもう慣れちゃったわ。
その雑誌、読者の投稿ページがあるわけだけど、そこのページの投稿者の属性がおかしい。
無職、無職、家事手伝い、無職。
べっぴんさん、べっぴんさん、ひとつとばしてべっぴんさん。
オイw




ヨージさん。
ボイン走法の漫談。
小学校4年生の時の逸話。
という事になっているけどねw
ヨージさんの話は全部本当に聞こえるのに、全部ウソのような気がする。
その独特の浮遊感が癖になる。
ボイン走法、ところどころに「いい話」に分岐するポイントがあるのに、全部無視して突っ切っていく。
とりあえず小学校のマラソン大会にそんなにムキになれたあの時代は幸せだったわねw




江戸っ子ピエロさん。
トリオになってから見るのは初かな。
自殺しようとする青年のところに現れる謎の男二人。
現れては消えるスマホの謎。
消えた青年の遺書。
そしてカオスの後、男たちが青年に一言。
ストーリーだけ見るとめちゃくちゃいい話w
ただ、現れては消えるスマホが気になって気になって。
アレは一体何なんだw



矢頭たくやさん。
どこぞのスーパーだかディスカウントストアだかで流れる音声の声優のバイトをする矢頭さん。
録音時間は…9時間。
9時間?
お店の営業時間が9時間っていうならわかる、むしろ短い。
でもなぜ録音が9時間なんだw
リピートのできない世界か?
当然バイト君ヘロヘロ。
ボロボロで上司に食って掛かるわけだ。
うんまぁそりゃあそうだw
お疲れさんw




エンディング。
バニー姿にスーツ用の革靴で登場したマザーさん。
…見た瞬間吹いたわ。
終演23時。
上演時間4時間。
普通のライブの2~3倍の時間。
組数50組。
何かのギネスでも目指しに行ってるのか?w

MCで出てきた馬鹿よ貴方はの新道さんも今回は仲人まで勤めちゃってw大活躍。
さて、現象学限定コンビ(今回はコンビ名もネタも即興などでまだ紹介しない)の今後に期待。
ここでしか見られない!って言われたら見たくなっちゃうよねw
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック