FC2ブログ

2016-09

一番輝くスターを目指して@スピカライブ

なんだろう、スターになれ!的な命名か?w
スピカって1等星だしさ。
とにかく第一回目のこのライブ。
まぁ結構メンバーは知ってる人だけどもw



小林ヒロユキさん。
コンビを結成し、ピンでの出演は一応今回で打ち止めとの事。
その記念すべきラストピンネタは…
女装&下ネタ!
そこかwそれが一番やりたかったのかw
いろいろと問題しかないが、とにかく可愛い。
中MCで浜中雄平商店さんが血迷ってるぐらいに可愛い。
なんだあの女子力。




ホタテーズさん。
「先輩に好かれたい」の漫才。
大胆に川口さんのセリフが減らされてるw
おかげで川口さん、会話しながら突っ込むというより「ツッコミポイントに飛び込んでまた逃げる」感じ。
そのタイミングをはかる様子はまるで、大繩が苦手な小学生。
(かつて運動神経ゼロだった私もあんなんだったわw
ぶーちゃんさんは今日は飛び跳ねず、口もとがらせず、珍しく大人(ただしクズ)な対応だったのに。
その分川口さんが小学生化。
どっちかは子供化するルールなのか、彼らはw




畑秀之さん。
カスタマーセンターの1人コント。
これを見てハイジアV1(この日の会場)の音響の良さを再確認する。
音が割れず、生声と合わせても違和感のない音質で、しかも音量調整もばっちり。
このネタの良さをフルに引き出せてたなあ、今日は。
流れてくる音がしっかりしてるからこそ、それを遮って言わせまいとする畑さんの演技が引き立つ。
音がパワー負けしてちゃ面白さが減ってしまうのね。
こうしてフルバージョン見られて満足満足。



浜中雄平商店さん。
魑魅魍魎。
あ、できた。
いや、こういうネタなのよw
いきなり閉じ込められた浜中雄平商店さん、部屋には魑魅魍魎の4文字をばらして貼ったホワイトボード。
これを正しく並べないと部屋から出さないぞ!失敗したら死!
だれが何のために?なんて突っ込む暇もなく、真剣勝負の浜中さん。
疑おうよw
なんでこんな「過去の恨み」とか絡みそうもない問題を解けば釈放されると信じられるのよw




S5さん。
(4人だけどS5!昔童謡で1本でもニンジンってあったな…
熱血教師と不良生徒というベタなテーマで漫才を。
でも4人もいるし、1人ギター持ってるし。
ギターによる効果音をフル活用し、漫画的わかりやすさのあるコント漫才に。
次の展開を分かったうえで笑いを待つこの安心感。
わかりやすいネタって大事。




馬鹿よ貴方はさん。
目玉焼きにマヨネーズをかけたい、という漫才。
え~と、醤油ソース論争はよく聞くけども、新しいの来たぞ。
それはさておき、なんか今回の新道さんは優しいな。
あ~そうか、彼らにしては珍しい「相談があるんだけど」系の漫才か。
(普段はコント漫才が多め
なんか某ファミレスのステマになってた気がするけどそれは良しとしよう。
でももし~って言うファラオさんの駄々っ子口調が面白すぎたから。





ばいそんさん。
MCでは何度か見たけど、ネタは初めてだな。
「言いたいリズムってあるよね~」という漫才。
「東京特許許可局」みたいな。
リズムにのせると黒い発言も軽やかに!
んなわけあるかw
でもツッコミも即座にでなはく一回スルーしてからオイ!な感じ。





閃光少女さん。
圧倒された。
「テンポがいい」というのはこういうことを言うのだろう。
罵り合うような、かけあい。
関西弁で早口な、お笑いを知らなかった頃「お笑いってこういうもの」とイメージしていたような漫才。
それがハイクオリティにブラッシュアップされてここにある。
あの早さでなぜ聞き取れるのか?それが不思議なくらい早い。
文字に起こせば、テンポのゆっくりした漫才の倍ぐらいあるだろう。
それでもネタ時間があっという間で、もっと見ていたかった。
後で調べてみると、どちらも超ベテランさん。
なるほど、これが経験値という物か。




終演後はさっさと退散。
ハイジアの消灯は早いw
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック