FC2ブログ

2016-09

あの人の靴下@大喜利運動会

運動会+大喜利。
コンセプトがまず奇想天外なこのライブ。
恐ろしい事に第一回ではないw

まずチーム決め。
男2、女2、人間以外1で1チーム。
人間以外?!
ええ、魔王ガルヴァスさんと二階堂旅人さんね。
人間じゃない存在はちゃんと2チームに振り分けるあたり、MCの浜中雄平商店さん、分かってるわね!
(注:私はどっちも大好きです



種目は一応「玉入れ」だの「騎馬戦」だのついているけども、玉入れ以外は基本的に大喜利の点数のみで勝敗が決まる。
問題は玉入れ。
回答用紙を丸めた球を回答者の後ろのかごに投げ入れ、その入った数が得点となる。
回答者、かごの防御に必死で回答がお留守。
唯一ちゃんと回答してたのはエース、森林子さんだけ!w
今回は森さんは本当にエースだったわ~一番ちゃんと回答してたもの。

テラシマシュウジさんは大暴れで二階堂旅人さんのキャラを破壊していくし。
マザーテラサワさんは何やらせてもマザーさんだし。
きみえさんは1人きみえさん時間を生きてるし。
そのきみえさんをフォローしてるように見えてゆとりちゃんさん好き放題やってるし。
しゃこさんは運動会の運動部分で本気で疲れちゃうし。
魔王ガルヴァスさんは移動に難があるし。

ネタ工房カワダさんはさんざんいじられて「今日で大喜利やめようと思ってます」とか言い出すし。
大丈夫、その日の次のライブでもちゃんとやってたからw


とまあカオスに次ぐカオス。
テラシマシュウジさんの「中国」「東京タワー」を表現するジェスチャーの狂気は中野も包み込みきれないんじゃなかろうか。
説明させるとさらなる闇が噴出したので、浜中雄平商店さんが強制終了。


玉入れでは二階堂旅人さんがあの衣装で本気のピッチング。
明らかに玉入れのフォームではない。
人を狙うなw
人に当てても点は入らないぞw
さんざん球を当てられたネタ工房カワダさん、攻守交代で仕返しに行く。
もはや種目が変わっている。
カワダさん、見事な野球のピッチングフォームです。
野球と玉入れ、違いすぎる。



最終種目はリレーとの事で、一問一答、先に全員がクリアしたチームの勝ち。
二階堂旅人さん、ここにきて思考停止。
玉入れで物理的に疲弊し過ぎた模様。
あの衣装で動いたらそりゃあねえ…
ちなみにこの会場(中野twl)は土足厳禁。
だから出演者も靴下。
二階堂さんの靴下が可愛らしい黒白ボーダーだったのが目に焼き付いて離れません。
…そこはなんかもっとソレっぽい感じであってほしかったw

良いMCの選び方@たいむカプセル

このライブは3分コーナー(一番組数多い)に1分コーナー、フリータイムの3部構成。
投票用紙も3枚。
ちょっとややこしいw


ゲスト?フリータイム?
超新塾さん。
アフレコするぞ~先輩やるぞ~
普通のコンビがやったら収拾つかなくなるようなネタを、4人でやる。
普段は6人でやる。
タダモノではない。
しかも意外とカオスにならず、初心者でもわかりやすく展開している。
ますますタダモノではない。



昨日のカレーを温めてさん。
「娘さんをください!」から父親が壊れる、ある意味王道のコント。
壊れる方向が斜め上なのと、最後のオチがややホラーなのを除けば実に平凡。
うん、この2つが問題だ。
とりあえずここの家の娘さんが可哀想になったw
いや、娘の性癖しだいじゃ歓喜か?
それはもっと嫌だw



風の日さん。
早口言葉を言おうという漫才。
速さの調節は相方にお任せ!
ただしいろんなゾーンがあるので正しく出力するには熟練の技が必要です。
例題はちゃんと「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた」と実在する早口言葉。
だからどう失敗したのか客も一瞬で理解でき、ツッコミを心の中で一緒にできる。
この「一種類しかツッコミのない状態」が心地よい。




ホタテーズさん。
「先輩に好かれてないんですよ~」と言い出すぶーちゃんさん。
まぁね、だろうねw
川口さんに先輩を演じさせてみるものの…
うん、そりゃあ先輩馬鹿にしてたら好かれないよw
とはいえ言ってる内容は「不都合な真実」というか「これを言っちゃあオシマイよ」な、一応事実。
真っ赤な嘘じゃない所がさらにたちが悪いw
私の個人的笑いのツボは、先輩を演じさせられて役に切り替える前の瞬間の川口さん。
本気で嫌がってるw




マチュピチュさん。
一か月だけ在籍した田中くん、同窓会に出席!
誰も覚えてないよ、そりゃあそうだよ。
さりげなくホラーなのは、その「誰も覚えてない一か月だけの生徒」にどうやって同窓会の連絡が回ったか、だ。
いったいどんな手段を使ったんだw
いや、そんな状況で同窓会に行きたがる事がまずホラーなんだけどね。
1分ネタコーナーのアドリブ要素の入ったネタよりも、緻密な作りのこのネタの方がよかったなあ。




あま福さん。
にわかファンへのヘイト!
ちょっと違うか。
「このジャンルで●●が好きなんて、ガワだけ~」を連呼する漫才。
比喩の面白さ、繰り返しの魔力。
「ガワだけ~」を言う瞬間の憎々し気な表情がツボ。



今回、1分ネタコーナーは割愛!
あとなぜかこのライブはMCも投票で優劣をつけるらしい。
…優秀なMCの基準ってなんだ???
久々に投票で真剣に悩んだわw

数えてみたら一年いじょうぶりのたいむカプセル。
今回もほとんど見た事ない芸人さん。
こういうのも新鮮でイイね。

哀愁はイジって発散@エズトーク

えずれひろゆきさん主催のトークライブ。
1部がワンマン、2部がゲストと対談、3部はわちゃわちゃ。
今回のゲストはメカイノウエさん。
あの狭いスタジオにギター持ち込むのはさぞや大変だっただろうw


まずはえずれさんのネタから。

コンビニ講座(夜勤の名言編)
青年の主張(地下芸人と女性とSNS)
の2本。
R-1用にするネタの候補2本がコレらしい。


コンビニ講座(夜勤の名言集)はオールスター出演。
今まで夜勤事件簿などの他の「コンビニ講座」に出てきたダメなオッサンたちの仮名が明らかにw
このコンビニ(FマートU店)はどうも平均年齢が高いのか?
「夕勤」は金髪の若者のようだが、夜勤の名言はどいつもこいつもオッサンばかり。
夜勤メンバーがオッサンだらけなのか、名言が出てくるのがオッサンが多いのか。
いつもの可愛い女の子店員さんがいないので画面が地味w画面が灰色w

青年の主張は「女性に言いたい」「SNSに言いたい」中心の、わりとあるあるネタ寄りの構成。
地下芸人の悲哀バージョンもあるのよね。
私は今回のバージョンの方が好きよ。
だって私は地下芸人じゃないけど、女だものw
えずれさんは「……」というか沈黙の使い方が上手い。
本当にちょうどいい長さタメてから決め台詞に行くのよね。
リズムがとても気持ちいい。


その後は1人でトークタイム。
なぜかフリップ出てくるけどw
話題もコンビニの話だけどw
一応ネタじゃないらしい。
ウケたらネタに昇格するのかなw




次は第二部。
メカイノウエさんがガコンガコンと登場。
(狭い通路にギターが引っかかってる様子w
そしてこちらもネタ2本。

Get a channce!
「面白いことやってよ」と言わないで!と訴えるところから始まるこのネタ。
短大生との合同コンパにチャンスが転がってるんですか?
う、ん?
この前お誕生日だったよね、メカさん。
40才おめでとうよね、メカさん。
哀愁漂わせてるけど、ネタはネタだけど…
その御年で短大生とコンパ…
リア充爆発しろ!w


R-1にかける歌はこっちは正統派の哀愁。
「俺たち(ピン芸人)にはR-1しかないから」と。
去年だか一昨年だかペッパー君でて大騒ぎになったり、R-1って賞レースよりお祭感強いからな~。
真剣勝負してるほうからしたらたまんないよね。
そしてえずれさんはコレ聞いて泣いたらしい。
…本当にドキュメンタリーになっちゃったw
(メカさんはいつもネタ冒頭で「ここからはドキュメンタリーです」と宣言する


そしてえずれさんがノリにのって第三部へ突入。
飛び入り参加の馬鹿よ貴方はの新道さんとともに。
新道さんの神出鬼没さ加減はもう慣れたけど。
慣れたけども。
ライブ直前のコンビニで発見した時は心臓止まるかと思ったわ…

第三部は雨の群雲さんにフューチャー。
というか…いじり倒す。
正直私はコミュ障ヲタクなのでこの「いじる」面白さはよくわからない。
ただ、楽しくなりすぎた彼らに新道さんがブレーキをかけにいくのには感心したわ。
あんな無軌道に見える人なのにw
プロだなあ。

雨の群雲さん、えずれさんとユニットコンビで漫才をやるらしい。
コンビ名「えずれの群雲」
うん、分かってるよ、えずれひろゆき+雨の群雲だって事は。
でも「えずれさんの所有物となった群雲さん」…BLの香り!
そして萌えない!w
萌えようがないw
何はともあれ、ユニットの出来に期待。
終演時雨の群雲さんに「相方の単独もよろしく」と言われた時にはフレーズの異様さに固まったけどw
仲良きことは美しきかな。

カオスの底には嫉妬と羨望@ピンのピン

今月も来ました、今一番濃いライブ。
中野シェイプレスにて、ピン芸人オンリーライブ。
最近結構ピン芸人オンリーって増えてきてるのだけど、その中で一番コンセプトのない、フリーダムなライブ。
たぶんR-1シーズンになってもネタ時間が2分にならないだろうな、彼らw

さて、ネタの感想へ。


しゃこさん。
痛いお笑いファンを演じる1人コント。
しかしこのファン、彼女なりのルールはあるらしい。
別に恋愛目的じゃないのよ!的な。
しかしなりふり構わず大騒ぎ…
逆にたちが悪いw
芸人さんたち本日一番の大ウケ。
いつになくシェイプレスが野太い笑い声に包まれましたとさ。



ゼウスちかおさん。
姫をさらった魔王を倒しにやってきた勇者。
姫に「この戦いが終わったら結婚しよう!」(死亡フラグ)な告白をするも…
玉砕。
いや、死亡フラグ折れて良かったじゃんw
そこから勇者が新たな進化を遂げて大暴走。
あんな暗黒面に落ちた勇者嫌だw




面接前に財布を無くしてるおじいちゃんを見つけちゃった!
そんな究極の選択から始まる1人コントを演じたホイップ坊やさん。
ここまでならいい人なのに。
善行なのに。
会社に行ってぺこぺこしてたら、さっきのおじいちゃんが快調だと発覚。
信じられないほどスムーズにクズに豹変w
面接会場で「勝ち戦だな」とか言う始末。
さすがにあれじゃあ落ちるよw




コータローさん。
ドラミちゃんがヒロインになった幻の漫画!
この人のネタは毎回レアな昔の漫画が出てきて、笑う前に「おお~」とか「ええ~」とか会場がどよめく。
私もつい「え?!」とか言ってしまう事があるw
昔の週刊漫画雑誌は懐が広かったんだなあ。




アダムスコメディさん。
訪問販売シリーズ、今回は殴られ屋。
シリーズ化してる事が恐ろしい。
あんな人に訪問販売に来られたら怖いw
殴られ屋という商売の説明もホラー。
宣伝文句はもっとホラー。
この商売やってる動機がとどめのホラー。
怖いよw





マザーテラサワさん。
このライブだとバニーガール姿に違和感がないという恐ろしさ。
でも今回もウサギになった言い訳はいろいろしてからネタへ。
ウサ耳が落ちてくるのを直したり、肩ストラップを触ったり、妙な倒錯した色気があるのはもうどうしたらいいんだろうw
なんか間違った新しい扉が開きそうです。
今回のネタはウサギと亀のフリップ。
ウサギが演じるウサギと亀、必見!w





モリコウヘイさん。
お笑いのDVD見て道徳の授業。
何やってるんだ?
しかも「大人の道徳」って。
エロ妄想しか出てこないんだけどw
結局のところ、授業というよりは洗脳なこの授業。
動機がやばいw
犯罪の香り。




今回はトークにテーマ有り!
毎回無軌道すぎるからちょっと縛りにかかったか。
結局いつも通りぷるるん金子さん大暴れで終わるけどね。
「同期の話」、嫉妬と羨望渦巻くトークタイム。
オッサンの嫉妬は可愛くないw

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック