FC2ブログ

2014-10

台風悲喜こもごも@関東ゲラゲラSILVER

台風のせいで朽葉姐さんがつぶれてる間にも世の中は動いて今日はとうとう関東ゲラゲラSILVER。
出待ちは無理だろうなあ、と思いつつとにかく公演があったことに感謝。

そんな中、黒服さんはマツオカさん!
時間ギリギリにダッシュで現れた朽葉姐さんを蔑むような目で…
いいわ~もっと、もっとその目で見て!
注:マツオカさんはお客様を蔑むような人ではありません
実際は単なる苦笑いと、挨拶するか遠慮するかの戸惑いが顔に出てただけ。
でもね、少女マンガの王子様キャラのマツオカさんだから!
そういえばアンケート回収時、MCのセバスチャンさんから謎のいじりを受けてたが、アレはなんだったんだ?

空の耳の福島さんも可愛いなあ…ブルックリンさんもいっしょにわちゃわちゃ動いてるのがイイ。
単体でいじられるのも可愛いけどね。
同期愛は格別。




さて、ネタの感想へ。
まずは23期から。
なんと今回は23期が5組出て4組降格してしまった。


太陽エネルギーさん、リリカチュアさん、サンケタミケタさん、全員BRONZEのネタを3分に伸ばしたもの。

まずは太陽エネルギーさん。
10回クイズの漫才だが、冒頭部分を中心にセリフの追加が散在。
遠藤さんは相変わらず暴れるし、大声で叫ぶ個所も派手さがあっていい。
ただやっぱり追加点が散在だから、BRONZEを見た人に印象の差別化がしにくいのかなあ。
とはいえ一週間で新ネタしろとか無謀だろうしねえ。
個人的には浦島とギャルの3分バージョンも作ってほしいところだw
レッツ女装。
むしろダブル女装。
毒のなさが彼らの長所である反面、一発ギャグ型の瞬発力の笑いがメインになりがちだから、ネタ時間が長いときはネタを伸ばすよりも新しいので勝負した方がいい気がするんだよなあ。



リリカチュアさん。
こちらは2か所新しいボケ&ツッコミを追加し、他の流れは変更なし。
わかりやすいし、漫才としての流れも阻害してなくてよかったと思う。
ただ、ネタ内のキャラクター的に考えると、漫才中は松山さんは小林さんを「コバ」呼びをしないほうがいいような…
小林さんは松山さんを「お前」呼びで、松山さんを振り回してるからそれでいい。
けど常に振り回されるキャラが相手をニックネーム呼びってなんか違和感。
もちろん素と漫才中はキャラが違って当たり前。
だけど、呼び方はキャラを定義するうえで結構重要なデータなんだよね。
キャラと呼び方は統一した方がいいと思うんだがなあ…



サンケタミケタさん。
ここもセリフや間をあちこちちょっとずつ増やすタイプ。
その結果秋山さんの笑ってる時間増えてないか?
奇怪なキャラクターで良いw
祭主さんは強いのに振り回されるキャラ、ギャップは大事よね。
しかし今回も元カノと選んだ衣装で新彼の横に…w
まあねえ、迷うよねえ。
二人ともオーソドックスなシャツは似合いそうだけどなあ。




ガール座さんは新ネタ。
難病の少女と某スポーツ選手。
手術を渋る少女を説得に来る選手。
クルスパッチさんの私の大好きなネタとシチュエーションは一緒。
なのにその先が全く違った方向に転がっていくから、創作って面白い。
ガール座さんらしい背景の丁寧な書き込み、演技力。
ただそれゆえに最初の笑いどころまでが長めになりがち。
オチにつながる選手の種目がカギになっていく部分の発想は私はすごく好きだし、アレをもっともっと前面に出せればなあ。
小野さんの超理論も、最後のオチの百瀬さんのしたたかさもすごく良かっただけに、もったいない。



唯一の残留組、脇屋敷さん。
ホラー系女子ネタの路線変わらず、安心して大笑いできる。
本物の女子だけあって、女心は押さえてるしね。
男がデフォルメした女装でやっても出せないリアル感と怖さ。
そうそう、そこで恥ずかしがるよね。
そうそう、それはトキメクわ。
ちゃんと共感できるの。
だけど、シチュエーションの設定そのものがホラーなんだよね。
そして最後に「怖いわ!」と全力で言いたくなるようなオチがついて暗転。
ピン芸人だから当然相手役の男はいなくて、客席を見て演じるわけだから。
怖さ倍増。






ここから23期以外。

シトラス菅野さん、昇格おめでとう!
悪の組織にも保険があった!というネタ。
今回はショッカーに扮してのフリップ型一人コント。
ショッカーの中でも人事担当なら戦闘に出る事は少なそうだしエリートか?w
年齢のため退役か?w
保険の中でもオススメは銃に対応したGUN保険らしいw
アヒル出てこないけどもw
イラストがまた上手いのでシュールさ倍増。
保険に入るなんて堅実なショッカーだなw
商売としては成り立たないぐらい危険そうな職業だけど。
GOLDはこれを4分にするのかな?
フリップ増えるのかな~楽しみだ。



ブギーマンさん。
残念ながら降格。
なんというか、いろいろ突っ走ったネタだなあと。
後は効果音の選定をもうちょいいじると印象が変わるのかもしれないが。
彼女(鳥飼さん)が家に遊びに来るのだが、異変が。
彼女の心を映すようにダダ漏れのオナラ。
…朽葉姐さんワルクナイ。
彼女本体は察してちゃんw



ラバボーズさんは残留。
タコパをしたい小野島さんが異次元なダンスを踊りだす漫才。
ちゃんとネタを全部見るとアレがダンスではないことがわかるw
今回このネタを選んだのはきっとコンビ愛なんだろうなあ、と。
横田さん、プレップス休演時から体調を崩していたとの事で、相当ボロボロのコンディションでの出演。
横田さんが声を張る個所の多いものや、動きの大きいものは避けて、小野島さんが動くネタを選んだのだろう。
プレップスを見ていたしツイッターで事情を知っていたので、もう手に汗握っちゃったけど。
小野島さんが踊りだしてからはそれを忘れるぐらい笑わせてもらった。
後半の小野島さん、ほとんど宇宙語なので結局何が起きたかはわからないがw



ベイビーフロートさんはにしやんさん休演、山崎さんピン出演の中、昇格。
この場合来週のGOLDどうなるんだ?
ピンででるの?
コンビでいいの?
捨てゾウと巨人、というタイトルからして異次元なモノを見たw
ゾウが捨てられてる世界ってどんなだよ、とか無粋な事はおいといて。





企画タイム。
モノボケの速さを競う企画。
なんかいろいろと下ネタ連呼だったりしてw
台風だからもういろいろフリーダムになっちゃったのねw
トチギフの荒井さんの思い切った下ネタで空気が軽くなったのは良かったよ。
横田さんがなかなかOKでなくて、ハラハラしたけども。
セバスチャンさんのMCの初めて見たけど、なかなか面白い小ネタ満載だったね。

愛の形?@下北プレップス

コンビ愛にもいろんな形があるよね、というのがテーマのこの記事。
なんと腐った話ではないw



まずドドんさん。
企画ともども本日MC。
いやあ石田さん大暴走w
一生懸命安田さんをモテさせまいと暴露しまくる漫才。
安田さんのバンド時代をいじるいじる。
イケメン長身とはいえ時代を感じるロン毛なのよね~バンド時代の安田さん。
石田さんもモテないのをさんざんネタにしてるけども、まぁモテるだろうね。
頭がいいコミュ力高い人はそれだけで結構どうにかなるものよ。



クルスパッチさんは新ネタかな。
バレンタインネタをこの季節に見る衝撃。
中学生らしい告白劇をデフォルメした結果、西島さんがあまりに不遇になったコント。
つ~か矢田さんも女装するのね。
…西島さんの方が可愛いw
いや、そこは問題じゃないんだけどさ。
西島さんのウブなキャラクターと矢田さんの女子の怖さ満載の女子、相性抜群。
学ランで違和感ない西島さんもすごいw




リージェントグラフさん
くまチャンずの決闘で見たにわかをディスる漫才。
まなぶさんの子供時代見てみたいなあ。
絶対可愛いと思うよ。
あんな子供時代がリアルだったら是非タイムスリップして猫かわいがりしにいきたいw
しかしいくらうろ覚えでもスラダンの感想はヒドい。
もはや表紙しか見てないレベルw



ラバボーズさんは横田さん休演、小野島さんが一人で出演。
いろいろ裏事情はツイッターで見てもらうとして、小野島さんの底力を見た。
横田さんなら万が一ピン出演となれば歌うだろうとか予想がつくが、小野島さんだと予測不能。
風船の嘘胸入れての一人コント。
そしてコントで小野島さんとくれば…
怖いよ!
普段のコントと違い、客席に語りかける一人コント。
もっと怖いよ!
いやあヤバイね。
ヤバイとしか言いようがないね。


リリカチュアさんはSILVER対策ぽいな。
新聞勧誘の漫才を2分から3分に作り変えていたんだけど、追加点は2か所のみ。
ラスト追加型、じわじわ伸ばし型、新しいくだりを作る型、芸人さんによって時間調整の方法が違うのがまた面白い。
他の昇格組も今この作業をやっているところだろう。
小林さんの不思議ちゃんぶりはもう素なんだろうなあ。
イケメンなのに…ファッションセンスもいいのに。
松山さん、可愛いタイピンとかしたらいいのにな~。



バジルさんは新ネタ。
スポーツジムの受付と変な客w
客が男か女か戸惑う受付と、その受付をおちょくって遊ぶ客。
質問の答えから男女を探ろうと受付が頑張るも、答えが絶妙。
最終的に客の正体がオチ。
モンスタークレーマー的な客の空気より、男女判別に迷う「あるある」感が勝っているのでブラック感薄めでイイ。
これぐらいのブラック感だと笑いやすくていいなあ。




無知のち晴れさんはシュールが突き抜けてるな。
オチの衝撃度もさることながら、冒頭から次々と追加設定が投下されていく。
アンフェアさを感じさせないぐらいの勢いで。
急展開過ぎてついていけないけど、そのついていけない感じがイイ。
次はどうなるのかワクワクしながら見られる。
それにしても声の良さ!
渋くていいわあ…
出待ちに登場しないレアキャラなのが残念。




なんぶ桜さん。
インテリヤンキーが舎弟をとろうとテストする漫才。
今時どこいけばあのジャンバー売ってるんだろうw
エンディングで眼鏡が伊達じゃなくガチな事をいじられていたり、インテリ要素をきちんと発揮していてよかったわ。
それにしてもあんな頭のいいヤンキーいたらそれはそれで怖いんだがw




企画タイム。
特定の有名人について、嘘ネタをウィキネタをそれぞれ芸人さんが話し、聞き役が嘘を当てるというもの。
西島さんのテンパリ加減を楽しみつつ、矢田さんが「相方だからわかる」というのに萌える。
石田さんが連続で嘘役にあたるという番狂わせもあったり。
有名人が全部わかったおかげでより楽しめたわ。

クルスパッチさんのわかりあってる感のあるコンビ愛、ドドんさんのツンデレコンビ愛、リージェントグラフさんのよく観察しあってる愛、ラバボーズさんのレギュラー多めの日でも相方不在を背負って頑張る愛。
レギュラー各組の愛が様々で、いい回だったわ。
(タイトルこみでベルばらフェルゼン編をもろ意識してるけど、どうせ誰も分かるまいw

組み合わせの妙@キカクモン!!

3組だけのライブ、ネタでなく企画がメインのライブ。
かなりレアなモノを松竹が作ってきた。

このライブ、3組の芸風がバラッバラなのがいいのね。
企画で何をやりたいか、っていうのはレベルや経験値より個性で決まる。
企画の内容がバラエティに富んでいたのは、3組の個性が違うから。


まずコンビごとのパワーバランスも全組違う。
ラバボーズさんの場合はほぼ横田さん主導。
トムソーヤさんの場合は木村さん主導に見せかけて石塚さんノリノリ。
ガール座さんは百瀬さん主導。




まずガール座さんの企画。
討論なのだが、テーマ設定が上手い。
1鍋のシメ
2男女の友情
3百瀬さんと小野さんどっちがイイ?
始めに軽い趣味嗜好をぶつけあい、次に正統派に意見の分かれるテーマ、最後にガール座さんのキャラを強調。
顔見世として絶妙。

鍋のシメ論争、小野島さんはモテるなと確信w
小野島さんは雑炊派だったのだが、「(スープが洋風系でも)チーズ入れとけばいいんです、リゾットって言えば大丈夫なんです」、上手い!
女子がいたら鍋のシメはチーズリゾット(と呼ばれる雑炊)が面倒がなくていいのよね。
卵入りの雑炊だと鍋奉行が食べるタイミングをゴチャゴチャ言いがちだし。
オシャレ系の名前の方が女子受けはいいものだし。
(朽葉姐さんもそうですが何か。まだ女子捨ててないわw
リゾットって本当は米を透明になるまで炒めて作るから、たとえスープがトマトでもチーズ入りでも鍋のアレはリゾットでなく雑炊なのだが。
でもそこで雑炊と呼ばずにリゾットと呼ぶ、コレがモテる秘訣w



2つめのの男女の友情論争。
なんでか今回は横田さんの発言の非モテ感がハンパない。
あの顔と身長と頭の回転と方言男子、モテてるのは間違いないのにどうしてこうなったw

男女の友情ねえ…
まぁ「袋かぶせれば抱ける」系男子は女子と友情は育めないっつ~のはおいといてw
基本的に「そういう関係」を想起させる行為をしなけりゃなんとか友情でおさまるつ~か友情で収めたい意思は伝わるものだけどね。
たとえばいくら「友達」でも異性と2人でカラオケ(≒密室)は無しだとかさ。
私は二人だと呑みも避けるもの。
こういう線引きを女側がきちんとしてれば、「友情より抱きたい」派は向こうから去っていくんだし、去らなくても何事も起こせないんだし。
けど声高に「男女の友情は、ありまぁす!私はもう200人ぐらい異性の友達ができました!」(ネタ古い)てタイプの女は実際は友情で終わらずヤってるからねw
だから成立しない派がたくさんいるんだよねw
実際成立してるのは、グループの中の一員同士から踏み込まないケースと、お互いが異性としての自覚合って物理的な距離を保ちつつの友達関係の場合だけじゃない?

芸人さんはアグレッシブが基本だし、そういう人が成立しない派になりがちなのはとっても納得。
でもそれにしてもなぜか今回は横田さんに漂う非モテ感。
「成立すると思うんだけど成立したことがない」、そんな距離感とれない人じゃないでしょうに…
まさかの天然女たらし系か?w
それで女側に勘違いされて付きまとわれて逃げるしかないタイプか。
でもなぁ…ギャルゲの主人公タイプとは真逆の横田さんなのだが。
あれで天然女たらしだったらむちゃくちゃ面白いぞ。
方言男子マニアも多いから、やっぱりそっちの線かな。



3つめのガール座と付き合うならどっち?はなんだかもうカオス。
小野さんは典型的な「俺だけが彼女の美貌に気付いている」と男が思い込むタイプの美形だし。
百瀬さんはこれまた典型的に嫁属性にお母さん要素全部乗せだし。
朽葉姐さんは両方愛でたいw
この企画、ラバボーズさんとトムソーヤさんと小野さんは自由に選べるが、MCの柳原さんは劣勢なほうに加勢しなくてはならない。
その結果、柳原さんの大暴走が一番楽しかったのがこのテーマ。







トムソーヤさんのエロ企画w
「直球エロじゃないのになんかエロイ」画像を集めてモニターに映す企画。
木村さんの言葉責めがw
石塚さんの写真がきっちりオチを構成しているあたり、コンビの息の合い方がいい。
百瀬さん持参の画像がヤバ過ぎたのは、むしろ清純過ぎて妄想力が無いんだな。
私ならスポーツニュースの「ナントカ選手が攻めた」で充分エロを感じるものw
腐女子には標準装備だよねw

ラバボーズのお二人は普段の個性をしっかり反映した画像のチョイスでさすが。
妄想力の小野島さんに、アートっぽく仕上げてカッコつけは忘れない横田さん。
やっと本来の横田さんが戻ってきたw
ガール座さん企画の時の非モテ発言はなんだったんだw

女子を含めた、たった7人でエロネタ、ってどうなることか心配だったのだが。
松竹の芸人さんはさすがにみんなクレバーでね。
ちゃんとラインは踏み越えない仕上がり。
木村さんの言葉責めも、即ツッコミが入って怒られてるからこそ笑えるんだよね。
テレビと違い、劇場に来るのは女が多い。
この日も9割女だった。
だからこそ、テレビとは違うエロのボーダーを察知しないといけないのよ。
柳原さんもトムソーヤのお二人も、そこをきちんと判断できていたからこの企画は成立した。
それができるのが松竹のいいところだと思うよ。





ラバボーズさんの企画は横田さんのドリームを叶える企画。
声優をやってみたい、というのはもはや企画なのかどうかw
MCの柳原さんが本当に声優できちゃう人だったので、なんとか企画の形におさまってたけども。

柳原さんとラボボーズさんの3人でラピュタの「三分間だけ~バルス~目が目がぁ」を。
(この説明もどうかと思うが、わかりやすいでしょ?
横田さん、ムスカを見事引き当てる。
似合うよね。
つ~か女の子役をちゃんとできちゃう柳原さんがすごすぎる。
そして小野島さんがテンパるw
企画としては充分な時間かけてるんだけど、シーン的にムスカのセリフはあんまり多くないのね。
横田さんにムス化のセリフをもっと言わせたいわ~。
「見ろ、人がゴミのようだ!」
似合う、絶対似合う。
ムスカのコスプレも似合うでしょ、長身だし。
小野島さんは本当に怖い悪役系サイコパス系演じさせたらすごいと思うんだけどなあ。
金田一少年の高遠のイメージなのよ、私の中で。
妄想をかきたてられるいい配役だったわ。

2本目はガール座さんとトムソーヤさんを加えて7人でワンピースの魚人の何かを
(ワンピは私はよく知らないんだから仕方ないw
素直にガール座さんのどっちかにナミやらせとけばいいものを、カオスw
柳原さんの本気の声優としての技術と采配の上手さの印象は強く残った。
ラストに横田さんがトンデモなくエロい言い間違いをしてくれて、それまた爆笑。
普段そういう人じゃないからこその破壊力。
出待ちでからかったら再現してくれたぞ、ノリノリだな。

他コンビ企画とのバランスの都合上、できれば7人でやるシナリオの方を長めにしてほしかったが、まぁラピュタはなあ…
ラピュタじゃ仕方ないw



今回は3組の組み合わせが非常に相性が良かったね。
いくら実力があれどもガール座さんは23期。
まだまだ共演歴数回の芸人さんもいるだろう。
そんな中プレップスで相当一緒になっているラバボーズさんがいたことで、上手くいじりいじられが成立していたと思う。
ゲラゲラシリーズや出世魚とは出演組数が違うのだから、こういう組み合わせの配慮は重要。

次は12月らしい。
ちょっと先だけどメンバーがまた豪華だったぞ。
妄想乙女ゲーに出しちゃったあのコンビがくる!
楽しみ!

餌を与えないで下さい@たいむカプセル

腐女子に餌を与えないで下さいw
つーかiPhoneが腐女子を一発変換してくれる事に震撼したわ。
朽葉姐さんのiPhoneだけじゃないよね?




今回のタイトルはあんじぇらさん。
優勝おめでとう!

ネイルまでして女子力バッチリ。
ブルーのラメ…なかなか攻撃的なネイルw
そしてなんと。
本物のBL!
ご本人が認めちゃった。
あんな事やこんな事が…妄想炸裂。
やっぱり受け?
いや、誘い受けに見せかけての攻めだな。

「意外〜慣れてないんだね。
もしかして…初めて?
大丈夫だよ、全部あんじぇらがやってあげるー!」

ヤバイ、萌えた。
こっから先はR18だから載せられないw
相手役はモテるタイプだけど実はウブな感じがいいなあ。
しかも料理が上手いあんじぇらさん。
嫁属性バッチリ。
攻めな嫁…ゴクリ。
全くネタの感想にいけてないがw
ネタも今日はゲイネタだったのよ。
だから妄想炸裂は仕方ないのw
最近そういうバーで働きだしたあんじぇらさん。
好みの男に口説かれる妄想にしとけばいいのにw
好みじゃない男に口説かれた時のかわし方を妄想。
しかも中MCで三日月マンハッタンの仲嶺さんに絡むw
エンディングでは同じく三日月マンハッタンの又吉さんに絡むw
ちょっと節操なさ過ぎよ、2人はかなりタイプ違うでしょ!
どっちかにしなさいw





えーちゃんとレビューします。
(賢者タイム

仕切り直し。
ちゃんとした、レビューするよー!!!
(エクスクラメーションマーク連打はアゲインのけーたさんのモノマネ




さて、そのアゲインさん。
アニメを紹介したい、の漫才。
アニメタイトルのラインナップは後半に変更あり。
タイトルが昨今入り乱れ、ジャンルも入り混じってるのに全部メジャータイトル。
キャラは壊さない。
観客の腐女子のイケメンドリームも壊さないw
だってさ、けーたさんにコアなオタアニメは似合わないもの。
俺妹、はがないぐらいなら順応するかしらw
ここは歌プリかホスト部あたり見せて洗脳してあんじぇらさんと…

妄想はここまでにして、本題に戻ろう!
妄想炸裂といえば、この漫才のツッコミではのりちゃんさんも結構妄想炸裂してるのよ。
なんか壮大な妄想w
エロくないあたりがのりちゃんさん。
アゲインさんってエロを語るところにまだ遭遇した事ないわ。
昨今のカラオケにはカロリー表示があるのがデフォだが、お笑いライブにカロリー表示つけたら消費カロリーのトップは確実にアゲインさんだろう。
なんせ2人とも一瞬たりとも動きが止まらない。
ステップ踏みながら漫才してるのなんてけーたさんだけだわ。
そのけーたさんの動きにのりちゃんさんがツッコミを入れているけど、そののりちゃんさんも動きっぱなしw






三日月マンハッタンさん。
初めて見るネタだな。
三十日の神話。
創世記的な又吉さんオリジナル神話。
三十日で神様が地球を作った話。
意外にも沖縄色はない。
その代わり神様が無軌道w
ギリシャ神話の神も真っ青。
こういう神様の世界なら戦争はなさそうだなw
ほとんど休まず仕事をする神様なのだが、全く計画性が無い。
作りたい物を作りたいように作っては事件を起こす。
自由だなあ。





空の耳さん。
旅行の準備についての漫才。
福島さんが理不尽だw
いろいろ問い詰めたい理不尽さ満載のまま、ひたすら藤井さんが振り回される。
藤井さん、黙って立ってると乙女ゲーの高飛車キャラなのになあ…
ギャップがすごいわ。
福島さんが小悪魔なのは納得w





ヨージさん。
一分ネタ。
茶封筒フリップは無しw
芸人やってて悔しい事、というネタ。
ネガティブなはずの話がふわりとまとまる、空気感の勝利。
空気感ってのも才能の一つだね。
エンディングでの小ネタも健在。




ここから初見組。


ハナコさん。
武器職人とサムライのコント。
魔改造をする武器職人w
まさに才能の無駄遣い。
どうしてそうなった。



なんぶ桜さん。
じなんぼ〜いずさんのお気に入りの彼ら。
ネタは初めて見た。
インテリヤンキーの漫才。
ほとんど2chの新ジャンルSS状態だが。
ヤンキーになっても知性を忘れないその姿勢はステキよw




MORIYAMAさん。
1分、3分両方出演。
3分の方ではトイレの中という斬新な設定。
これはもうシンプルに設定を笑うタイプの一人コント。
同じセリフの繰り返しで悔しいけれど笑ってしまう。
小学生男子的な世界観かもしれないw
1分の方はフリップネタ。
本人が佐々木健介に似ているのでその扮装で登場。
フリップ自体はシンプルで、オチのイラストの上手さが印象的。






今回は私的には初の阿佐ヶ谷ライブ。
阿佐ヶ谷で降りるの自体随分久しぶりで、久々に会場までたどり着くのに迷ったわw
あたふた走ってる朽葉姐さんを会場側で何やら話していたアゲインさんが捕獲して会場まで誘導してくれた。
美味しいけど恥ずかしい、アンビバレントなひととき。

男子校のノリ@じなんぼ〜いずトークライブ

じなんぼ~いずさんのトークライブ。
先月に引き続き二回目の参戦。
えー、この記事をあげるかはすごい迷った。
でもさあ、ボツネタにするにはあまりにもったいないんだもの。

ボツネタになりかけた理由?

エロいからだよ!
FC2に怒られるわ。

…じなんぼ〜いずさん、ネタは緻密なのになあ。
トークライブだと弾けまくり。
主に鴫原さんが。
マシンガントーク通り越したガトリング砲トークでエロネタからモテたいというリビドーまで語りつくす。
店崎さんのエロトークはほぼなく、鴫原さんが大暴走が基本らしい。
店崎さんのエロ…見たいような見たくないような。
生々しさのないスターだからなあ。


さらに今回は赤信号みんなで渡れば怖くない状態。

ゲスト込みでの大暴走だからね。
なぜ脱ぐw
まずは上半身裸。
続いて下着のファッションショー。


スターの下着姿。
ブランドまで暴露。
だからなぜ脱ぐw

みんなイケメンなわけだが、誰がいいか客席に審査しろと言う。
客に審査させてどうするんだw
朽葉姐さんにマジで言い寄られたりしたらホラーだよ?


このトークライブの教訓。
芸人さんは誰かが止めないと男子校ノリになる生き物らしい。
ノリは男子校なのに、スキルは大人のままだからエライ事になる。
下着姿でもちゃんと面白いから恐ろしいw

今回は南国バカンスの長島さんや、ふうらいぼう。さんが来ていたのだが、全員脱いでいる。

いろいろすさまじい。


店崎さんはスターにあるまじき背中を公開しちゃうしw
鴫原さんはモテるんだろうなあ、と再確認できたし。


脱ぐ前にふうらいぼう。さんの旅行の話やら店崎さんがハリポタ見た話やらあったのだが、脱いだ方のインパクトがすごすぎて。
脱いだ理由はふうらいぼう。さんのキャラクターのせいなのだが。
マッチョなのはいいけど、なんでマッチョって脱ぎたがるのかしら。
Yシャツ越しにわかる背中の筋肉の盛り上がりが一番セクシーなのに。
脱いじゃったら味気ないわ。


最後に集合写真を撮る時間があり、観客も撮影OKなので私も撮った。
でもこれはアップできないわ!
垢バン怖い。


中野なんでもありだな。
もう中野のせいにしちゃうよ。

Read More »

祭りだ!祝杯だ!@関東ゲラゲラBRONZE

今日は朽葉姐さん大満足の一日。
まず黒服さんがマツオカさんと空の耳の福島さんと世界少年の吉田さんとガール座の百瀬さん。
美味しすぎる!

今日は結構満員御礼だったため、客席係のマツオカさんが空いてる席までエスコートしてくれた。
ああ姫気分!
執事に傅かれるお嬢様!
おまけにアンケート回収にまで来てくれるし。
焦った顔、困った顔は普段の3割増しで可愛いマツオカさん。
日々朽葉姐さんの変態度は増すばかり。

福島さんはステージ係で、企画タイムの小道具を運んでくる係。
MCのパワフルコンビーフさんに以前のGOLDの件をいじられるw
あれはムートン伊藤さんのファインプレーだったわ。

吉田さんはいつも通りにしか見えないw
衣装のネクタイほどいただけだもの。
でもね、ネクタイほどく仕草を妄想すれば…なんと美味しい。
「あ、今日はライブの手伝いだったっけ。間違えた」なんて台詞つきで、ちょっと照れた表情なら最高。
私が変態?何を今さらw

百瀬さんはビルの入り口で呼び込み係。
ネタの時のある程度作った声とはまた違う、聞きやすい良い声してるのよ。
普段からちゃんと発声できるってすごいなあ。



やっとネタの感想に行くと見せかけて愛を叫ぶ。


今日は23期が三組も昇格!!!!!
おめでとう!
もう我が事のように嬉しいわ。
祭よ!



さて、やっとネタの感想へ。
まずは23期から。


サンケタミケタさん。
昇格おめでとう!
祭主さんのギャグにいろいろ口を出す秋山さん。
祭主が「じゃあお前がやってみろ」とキレると…
前回の漫才と同じく、完全に振り回される祭主さんがツボ。
しかし今日の祭主さんの衣装はパッキンセーブ時代のもの。
元カノと選んだ服で新彼の隣に立つなんて…なんて罪作り!
秋山さん、鈍感な彼で大変ねw
(誤解を招きまくる表現
秋山さんの自由さはどんなネタでも変わらず。



リリカチュアさん、太陽エネルギーさんは昨日のプレップスと同じネタ。
当たり前だけども。


リリカチュアさんは新聞勧誘のネタで、ほぼ変更点なし。
小林さんの暴走し、松山さんが突っ込むも暴走は全く止まらない。
しかし途中で挟まれる古いネタ。
貴方たちまだ産まれてないでしょw
まだ23才だってさ。
若いよねぇ…




太陽エネルギーさん。
十回クイズの漫才。
昨日に比べ流れがストレートに変わっていた。
昨日はまあ作りたてホヤホヤだったらしいからw
しかもネタの台本はデジタル化されているらしい。
さすが若者。
今回のネタは上村さんが遠藤さんをスルーする部分があり、それがなんとも親子感があってねw
上村さん、保護者が板についてきて、板の上でも保護者になっちゃったのねw
(上手いこと言えてない



以上三組は昇格組。
おめでとう!





バンビさんは新ネタかな?
犬が死んで落ち込む子供と、そのパパのコント。
受身のコントと見た目がほぼ同じなんだが…
パパ、もうちょっとデリカシーをw
最後のオチで印象がガラッと変わるので、最後に注目。
暗転の使い方がいい感じ。




ロックンロールパーティーさんは元ピン芸人同士のコンビ。
ピン芸人時代はどちらも見たけど、コンビでは初めて見たわ。
森林子さんと、森脇少年さん。
森脇少年さんはどう見ても中学生男子だが、まさかの成人。
男装なのでね、実年齢よりかなり幼く見える。
自宅が同期のサロンになっている話が卒業ライブで衝撃的だったわ…
森林子さんはシュールさが持ち味の人で、コンビになるとどうなるのか想像もつかなかった。
結果。
見事にそのままw
水と油もいいとこなのだが、シェイクするとボール状になった油が綺麗よね、って感じのコンビ。
森林子さんが森脇少年さんを振り回すコントはなかなかパワフル。
反抗期の男子って、コントのツッコミ的ポジションには置きやすいのかもしれない。
あんなチラシ配り怖過ぎるがw




川端のん子さんは女スパイがつかまってしまい、買収されるネタ。
スパイなのに女子だw
そのギャップがイイ。
オチは小説なら反則だが、1人コントとしてはいい脱力感。




ブルックリンさんはトリオなので、独特のコント。
座敷童が老けて座敷婆になってしまい…
神通力にも異変が。
父親と少年の反応が対座敷童と違い過ぎる不憫さw
これは座敷婆っていう発想の勝利だな。
あと父親と少年の態度の違いが面白さを産んでいるから、トリオであることをきちんと活用したコントだと思う。



ここから23期以外。

ゼブラインさんは将来の夢をモチーフに言い間違い漫才。
松井さんw
深海魚ライブで「本当はしゃべれるんですよー」なんてネタにしてたが、本当漫才だとあのしゃべり方しかしないんだな。
よく吃音者の役を演じた役者が素でもどもってしまうって話を聞くが、松井さんはステージ降りたら全然大丈夫なのもすごい。
なんであんな奇怪なキャラクターになってしまったのか…w
次の深海魚ライブではぜひあのキャラの制作秘話を希望。
初めて出待ちでお話させてもらったが、やっぱりあのしゃべり方の影響を全く受けていない。
とんでもない芸達者だな。



トムソーヤさんは資格をとろうの漫才。
相変わらず不思議ちゃん。
架空の資格が次々と。
二分バージョンだからなー、ちょっと短いな、とは思うけれど。
先に三分バージョンを見ちゃって、それが最高だったからねぇ。



たぬきごはんさんはスムージーの漫才、と言うべきか、宍倉さんがふざけないよう我慢する漫才と言うか。
なんと、今回初めて説教パートがないネタに遭遇したw
実はこのコンビ、結構な年の差コンビで宍倉さんの方が年上なのだが。
宍倉さんの見た目が若いせいもあり、全く違和感無し。




ニダンギアさんは「お前の栄養士になる」という漫才。
やっと現実逃避以外のネタに遭遇したぞw
小林さんが脱クズキャラ。
いやー巡り合わせってすごいよねw
三連続で現実逃避漫才に当たってたんだもの。
栄養士、栄養はともかく味も追求してあげてw
健康な成人にそれはかわいそうよ。




RICAちゃんさん、また濃いキャラクターで登場。
元ネタがあるかどうか私にはわからなかったけど、それでも笑える破壊力。
テーマはアレよ、終わりそうで終わらないけど終わらざるを得ない別れの言葉。
主役級が退場する時の不自然に長い別れの言葉、あんな感じ。




コーヒールンバさんは宝くじが当たったかどうかでヤキモキするカップルのコント。
冒頭で彼女は別れたがってるのだが、宝くじ当選疑惑発生の瞬間、別れ話は飛ぶ。
いいのかそれでw
その女と付き合い付き合い続けて大丈夫?
羽振りがよくなった様子の描写が切ないまでのリアリティ。
ああフリーターには良くわかるわ、その基準w




モンツキはかまさんは役者志望の若者とダンス講師のコント。
なんでダンス講師って濃いキャラにされがちなのかしら。
ヅカでも昔からオカマな男性ダンス講師って鉄板ネタなのよね。





企画タイム。
モノボケの亜種。
お題となるモノで、モノボケするなら何をする?的な調査をあらかじめやっておく。
出演者はそのランキング上位のモノボケを当てる。

たぬきごはんのほりさん、本気になったら靴脱いだ!w
ちょ、レディーが何をやってるの!
モンツキはかまのお二人はかなり積極的。
お題はバット、たらい、ペットボトル。
芸人さんにとって、素人レベルのベタを狙うのは結構大変かもね。





さて、今週はなぜかライブ目白押し。
楽しみだけど、ボツネタ発生しないように頑張るw

BRONZE前夜祭と吉田悟生誕祭@下北プレップス

台風の中、下北プレップスは祭だよ!
いや、勝手に朽葉姐さんのテンションが高いだけだけど。
時間があればコロッケ差し入れてあげたかったな~
(コロッケの差し入れとか迷惑以外の何物でもない

夕飯はアジフライだったよ、コロッケ食べたい(まだ言うか


タイトルの通り、本日世界少年の吉田さんは誕生日。
特に何か企画タイムにやったりはしなかたようだが。
まあプレップス後のツイッターで同期が祭ってたので良いw


そして翌日のBRONZE参戦組の大活躍。
2分ネタなのでハードモードの中、リリカチュアさんが三位入賞!
おめでとう。


さて、BRONZE組は今回リリカチュアさん、太陽エネルギーさんの2組。
サンケタミケタさんはツイッターには載っていたものの、休演。
台風のせいだから致し方ない。

でも2組でも祭だよ!w


リリカチュアさんのネタは「新聞にハマったら世界が変わったけど営業の仕事は甘くなかった」かな。
タイトル、松山さんサイドでつけるか小林さんサイドでつけるか迷うw
まあ内容はタイトルそのままでw
小林さんが新聞勧誘を演じるという漫才。
顔と声とファッションセンスが良くて長身なのに、このキャラクター…
絶対本当は二次元だよな、小林さん。
なぜか太陽エネルギーの遠藤さんと同居してるらしいのだが、まさかの遠藤さんが保護者化するという面白い事態に。
じゃあその遠藤さんの保護者の上村さんはもうお祖父ちゃんか~(違
松山さんはいつも通り全力で振り回される役。
松山さんは松山さんで、別ベクトルで二次元っぽいんだよなあ。
アニメキャラなら確実に弟を溺愛する生徒会長な姉を持ってるタイプですw



太陽エネルギーさんは10回クイズをテーマにした漫才。
このネタも遠藤さんは実に自由に暴れまわっている。
でももうしっかり上村さんがそれを受け止めているから、安定感がちゃんとある。
これで上村さん急成長のきっかけが女装でさえなければねえ~いいドラマなのにねw
「いいドラマになりそうでならない」ところがまた彼ららしくて可愛いのだが。
また半年後ぐらい先に、卒業ライブから1年たったぐらいに、もう一度「可愛い男子」3分バージョンを見てみたいな、と思う。
同じネタで見るとより成長が見えると思うから。
生の醍醐味って言うのは、同じ作品を見ても同じじゃない、コレに尽きる。
演じる人の成長、見ている自分の状況の変化、それで同じ作品が全く別の姿を見せてくれる。
これはテレビには絶対できないこと。
生の世界だからこそ、太陽エネルギーさんに注目し続けることができたし、この成長ドラマを見られてよかったと思う。
たとえきっかけが女装でもw


世界少年さん。
養成所卒業ライブ以来の「バイクに乗りたい」だね。
これはあまり変えてきてないんだな~。
やっぱり卒業公演用のネタだから、もう研究し尽くしてるのかな。
そして唯一変えた部分で何か想定外の事態が起きたらしく。
吉田さん笑い出す。
鯨井さんが暴れて対処するも…
たぶん台本はどっか行っちゃってる。
ネタとして成立するところまでリカバリしたのはさすがだけどね。
何があったw



スコッチさんは俳句を読み替えてシュールなイラストにするフリップネタ。
初めてスコッチさんのイラストを見たけど、本当上手いわ~。
そしていつになくシュールに吹っ飛んでいくネタなのに、それでもポーカーフェイス。
まるでNHKのアナウンサーのごとく。
変な事を真面目に言う面白さ、みたいなものが満喫出来るネタ。
フリップにコロ助のイラストが紛れ込んでいたが、これがまだ本物そっくり。
シュールなネタなのにイラストそのものはデッサンがキッチリした本物というミスマッチ加減がすごい。
衣装のセンスが微妙に洗練されてるのがまた良い。
ネクタイとシャツの色合わせが、ただの白シャツじゃないおかげでネクタイの色が映えていい。
絵心ある人ってファッションセンスもいいよね。



日曜プレップスは最近レギュラーに少し変更有り。
おちんぷりんちんさんとトリグミさん。
…トリグミさんは別に初見じゃないけどね。

GULIさんの新コンビ、おちんぷりんちんさん。
トモさんの大暴れぶりは前コンビと変わらず。
GULIさんは今度も安定のツッコミ。

トリグミさんはダイエットの漫才。
じゅんぺいさんはどんぐり眼をさらに見開いた瞬間の表情が面白いw
レギュラー化したためか、比嘉さんのエンディングコスプレがなくちと残念。





そして衝撃の企画タイム。
スコッチさんMC。
絵心ポンコツ芸人を探せ、だそうな。
ええ、当然スコッチさんの独壇場。
お手本の絵はスコッチさんだし。
朽葉姐さん、実は数少ない昔から見ていたテレビの1つが「ぷっスマ」。
絵心クイズは大好きな企画だったのでもう最初から笑う準備万端。

絵を描く方ははトリグミさん、おちんぷりんちんさん、世界少年さん、太陽エネルギーの遠藤さん、デンテリールの鬼塚さん。
上手い方から言うと。
ブログデザインとか作れちゃう世界少年の吉田さんが「全体のラインが合っていて、細部はうろ覚え感があるが印象としては上手い」という感じなのは納得。
おちんぷりんちんのGULIさんはネタムスファミリーで絵を描いてる所みたから、下手ではない実力は知ってる。
トリグミの比嘉さんも標準的、これぐらいが偏差値50かなあ。
デンテリールの鬼塚さんは苦手意識があるのか、棒人間を書き出してしまったので審査不能だが、このあたりかな。
トリグミのじゅんぺいさんは絵の位置の配分はあまり上手くないので絵が小さすぎたり一部だけアップになりすぎたりするけど、でも意図はわかる。


問題は世界少年の鯨井さんと太陽エネルギーの遠藤さん、おちんぷりんちんのトモさん。

鯨井さんは細部は合ってるのにパーツバランスが悪いパターン。
お題は「バスの運転手」だったのだが、座ってる姿勢、バスの窓、運転手の帽子、1つ1つはいいのよ。
だけどバランスの問題で爆笑を取るイラストに。
まあ吉田さんが過剰に鯨井さんの絵の出来を心配したせいもあっての笑いだがw
普段しっかり者でプレップスでも引っ張っていく側にいる鯨井さんなので、絵は破壊的な実力じゃないのに大爆笑。
ただ、ツッコミ組の中では一番の問題作だぞw


遠藤さん。
絵のメインがどこかがブレてしまい、一番力を注ぐべきところじゃない所が上手いパターン。
バスの運転手に関しては、バスが見取り図状態ではあったがそこはちゃんと描けている。
が、運転手が輪郭のみなのでえらいことに。
見取り図がきちんと描けるという事はモノを見る力はあるし、頭も悪くはないわけで。
オランウータンに関しては完全にパーツが主張しすぎておかしなことになっている。
サルっぽい輪郭とポーズにして、毛の長い感じを出せばそれだけでオランウータンに見えるのに、力瘤を書き足しちゃった。
もったいない。



おちんぷりんちんのトモさん。
これはもう半分ヤケになってないか?
お題が途中でどっかいっちゃってるし。
案外焦ると弱いタイプ?



スコッチさんのお手本がどれもガチで上手い。
ファンとしては美味しいがw
珍しいドヤ顔スコッチさん。
今月は誕生日を控えているスコッチさん。
プレップスで生誕祭はあるのか?!

コンセプトをたのしもう@坊主バー

ドドんの石田さんが僧侶であることを生かしてやっているバイト、坊主バー。
シェイカーもふるバーテンダー石田さん。

何が面白いって、酒のネーミング。
般若湯みたいなメジャーところから、オリジナルカクテル、いろいろマニアックに仏教ネーミング。



かなり度数低めのカクテルなので、女子の一人飲みも安心。
客層も落ち着いたおじさま中心で居心地良い。

ただ、問題はメニューの漢字が難しいw
酔っ払うともう読めないw
ま、バーなので丸投げしてもどうにかなるけど。


石田さんが癒し系の魅力全開でバーテンダーしつつもシェイカー振る手つきがやや怪しげなのがツボ。
おつまみもなかなか美味なので、ドドんさんファンまたは和なんだけどバーな空間で呑みたい人にはお勧め。
同業者に会いたいお坊さんにはもっとおすすめw

一本釣りされてきました@MEKURE

スコッチさんを追いかけてまたまた中野シェイプレス。
なんてったってフリップオンリーライブだよ?!
行くしかないでしょう。

そしてフリップに甘い朽葉姐さん。
もはやレビュー機能の放棄w


まずはスコッチさんのトリオ漫才。
フリップの二台目見た瞬間からニヤニヤ。
今日は元チャゲアスの飛鳥と、徳永英明。
スコッチさんにしては珍しい時事ネタねw
あんなドンピシャな歌詞があったことに驚く。
トリオ漫才はスコッチさんが作ったネタなのに、常にトリオの残り二人からイジられディスられるネタなのもツボ。
どんだけドMw
一番すごかったのは椎名林檎とaikoのバージョンだったな。
男より女の方が辛辣。
フリップ一発ギャグとか想定外なものも見られてよかったわ。



ヨージさん。
だからなぜ茶封筒w
今回もその謎は明かされないw
フリップ形式だからライブのコンセプト的にはOKなんだろうけども。
なぜだw
テーマは忍者ハットリくん。
…古いよw
朽葉姐さんはわかるけどさ~。
あ、でもこのご時世、子供の頃見ていたアニメで世代がわかる、みたいのもう古いかもねえ。
ケーブルテレビの隆盛で、今じゃ古いアニメ見放題だもの。
なんでウケるんだろ、ウケないんだろ、とネタなのかネタじゃないのか微妙なくだりが挟まったりと、ヨージさんワールド全開。


ここからは初見組をざーっと。
なんせ全員フリップネタだから、全員載せたいぐらいなんだけど、そうするとブログとしてえらいことになってしまうから。


ワンダーワダさんの「ふわっふわ~」がやたら耳に残る上、可愛いイラストに見せかけての残虐描写がすごすぎてもう。
この人、ラインスタンプとか売ったら儲かると思うんだけどやらないのかな?
芸人としての知名度も上がるいいバイトになると思うのにな~。
少なくとも朽葉姐さんは買うんだけど。

ゆとりちゃんという芸人さんはドラマのような事態が起きる確率を計算し、どれほどむちゃくちゃかまとめていた。
うむ、これはいい厨二病。

言論アナーキーさんはこのライブの主催側でありながら、フリップ専門の人ではないとの事。
死刑囚の最後の言葉をフリップにまとめていた。
…かつて厨二病だったころサイコパスの自伝とか大好きだった黒歴史をえぐらないでください。



さて、朽葉姐さん名刺配布中です。
お仕事ください。

シェイプレスが呼んでいる@クマちゃんずの決闘

最近中野に縁があるなあ。
漫才キングダム、じなんぼ〜いずさんのトークライブに続く中野シェイプレス。
しかも翌日もまたスコッチさんを追いかけて中野シェイプレス。
…働いてるのになあw



まずは純粋ロケットさんから。
りゅーたろーさんの家族ネタを漫才で。
この書き方だと料理の話みたいw
オシャレなフレンチ的な。
りゅーたろーさんの家族ネタもなかなかヘビー。
もし実話なら笑いに昇華するのは相当厳しいレベル。
ただこれは漫才なのよね。
トークで聞くのとはまた違うな、と。
島田さんが後半完全に振り回されてるのがいい。





リージェントグラフさん。
中野でにわかヲタをディスる漫才。
素晴らしいチョイスw
でもサザエさんはあの扱いでいいのかしら?
世界少年さんに言いつけちゃうぞw
まなぶさんのコミュ障キャラはもう定着しちゃったのね。
りくさんは可愛いお顔立ちと衣装からマスコットキャラなイメージだったけど、実際は背が高いので初めて近くでお話した時はちょっとびっくりしたなあ。





バジルさんは少年探偵と犯人のコント。
割とブラックな仕上がりながら、今回はいい所で踏み止まった感じ。
少年探偵って自由だよねw
金田一少年も、コナンも。
ツッコミ所しかないような設定だもの。
オチがブラック路線ではなく、ドジっ子路線だったのが良かった気がするわ。



ぽんずぽんずさんは以前にプレップスで見た顔なのに聞き覚えのない名前だと思ったら…
改名したらしい。
そりゃ覚えがないはずだわw
オタクと普通の人でやってます、という自己紹介に始まり、「オタク」の衣装が「だが断る」Tシャツ。
え~もっとディープなTシャツにしようよw
ただ、オタクの三次元ディスりからの合コンの誘いに食いつく流れはよくオタを客観視してると思う。
一種のツンデレなのよねw



企画タイム。
森輝美さん大暴れ。
まあこの人が暴れなきゃ誰がやる!って人だからw
企画のジェスチャーゲーム、お題が長すぎてカオス。
ただ、お題に出てきた芸能人や今流行りのネタが全部わかった事に驚く。
私も丸くなったなあ…
ガチガチのサブカル女でテレビとは無縁の生活してたのが嘘みたいね。
芸人さんの影響力すごいわ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック