FC2ブログ

2010-06

月組スカピン

宇月颯くんに恋に落ちた。
久しぶりの月組、というかこの前生で見た月組公演は「パリ空」だ。
何年前だ、っていうかまだ当時はゆうひさんが月組だ。
その後とうこちゃん追っかけモードのため足が遠のき、とうこちゃん退団後は本業の修羅場であさこちゃんのサヨナラすら見れず、きりやんお披露目で本当久しぶりに月組見た。
トップコンビはともかく、えりさんがいないとか脇をしめる上級生がいないのがいろいろ寂しいなあ、と思いつつ。
スカピンだから、きっととうこちゃんやしいちゃんの幻を見るんだろうな、と思いつつ。
……全然そんなことなかった。

まず宇月颯くん語り。
元スカイフェアリーズでファニーフェイスな男役。
かわいいけどその顔は男役としてはハンディじゃないか?と少し心配していたんだけど。
あまりの笑顔のステキさにやられた。
今回不思議なくらいの良席に初見の日が当たり、そこで見た時の話。
コメディフランセーズの伯爵奪還のシーンで、スカピン団の数人が公安委員に化ける。
その時「公安委員」に囲まれておびえるシャルルにパッと帽子をとってニカっと笑う、宇月颯くんエルトン。
「大丈夫だよ」とも「安心して」とも言わないんだけれど、あの笑顔を見たらそれだけで安心出来ちゃいそうな笑顔。
もちろんシャルルはエルトンがパーシーの仲間だと知っているから安心した部分が大きいんだろうけど、でもあの状況であの笑顔をもらったのはすごい安心したんじゃないかな。
あの笑顔を間近で見たら、それだけでもう宇月颯くんが大好きになってしまった。
宇月颯くんは声もいいし歌えるし、ダンスも最低でも標準レベルであると言える子だけど、そういうスペック抜きにしてあの笑顔だけで充分。
さわやかだし、華やかなんだけど、何よりも「安心させてくれる」笑顔。
この人のそばならきっと幸せ、と思えるような。
だからって「いい人だけど、彼氏にはちょっとアレだな、夫ならいいかも」ってタイプじゃない。
「彼氏にしたい」じゃなくて「彼女になりたい」って感じ。
これまで好きになったジェンヌはたいがい破滅型で、かっこいいけどリアルで恋愛はできないぞ…ってタイプだったんだけど、宇月颯くんは全く真逆なタイプ。
リアルにこんな彼氏ほしいです。
で、芝居だけでもメロメロなのに、フィナーレの群舞がもうね、かっこいい!
今回の群舞は2人1組のフェンシングのチャンバラつきで、それがもう目がいくつあっても足りないぐらいカッコイイんだけど、その中でも宇月颯くんは一番!
チャンバラが終わった後、ペアの相手に笑顔でアイコンタクトするの、その笑顔が、今度はスポーツ少年のさわやか笑顔でね、これはむしろさわやかで可愛い感じ。
「お前、強くなったな!でもオレも負けないぞ」とか聞こえてきそう。
炎の中へのソロも短いんだけど、いい歌を歌うと思ったし、新公映像のロベスピエールの歌もよかった。
短い映像だから芝居がどうかはわからないけれど、ビジュアルで「お子ちゃまにしか見えないorz」となることもなかったし。
スカピン団全員が恋人とラブラブするシーンも可愛かったな~、すごく初々しい感じで。
エルトンは割と二人が待ち合わせ成功するのが遅くて、追いかけっこのあるカップルなんだけど、それがすごく可愛い。

宇月颯くんだけで1記事分ぐらい書いてるけど、以下他の人について。
まず、きりやん、まりもちゃん、おめでとう。
デュエットダンスが、衣装も大人っぽくてステキなんだけど、二人のダンスも色気があって綺麗でカッコイイ。
まりもちゃんは男前のダンスを踊らせたら絶品のかっこいい娘役だけど、こういう正統派もいけるんだねえ。
きりやんパーシーは、とうこちゃんパーシーとは全然違って、だからとうこちゃんの幻を見ずに純粋に楽しめた。
とうこちゃんは割と「守ってあげたい」タイプで、包容力!って感じの人じゃあないし、あすかちゃんは結構上級生なトップ娘だったから二人の素の関係性も「とうこちゃんが守る」じゃないし、そこまでとうこちゃんはあすかちゃんを引っ張ってなかった、仲良しだったけど。
それに引き換え、まりもちゃんはまだ新公学年のトップ娘、主演経験も多くないし、本公演でハッキリ「2番手娘役」もやってないんだよね、とうこちゃん時代はねねちゃんや南海まりちゃんや琴ちゃんが上にいたし、カクダンは娘役というにはかなり異色な役だし。
二番手ガッツリやってバウも複数主演やって就任したきりやんとは経験値も学年も相当離れている。
その二人の関係性の差と、きりやんの方が包容力タイプなのもあって、パーシーとマルグリットの関係性はかなり変わっていたと思う。
「僕の愛は君を守る」、パーシーのこの歌詞にマジにときめいた。
そしてマルグリットも新公の時の映像よりずっと進化している。
歌も芝居も。
まりもちゃん、本当に頑張ったんだな、と。
きりやん効果もあるんだろうな。
TCAもまだほとんど出てないまりもちゃん、本当にほぼ初顔合わせでここまでよく頑張った!
女優っぷりはやっぱりあすかちゃんの方があったけど、「革命のヒロイン」は似合っていたし、感情表現の豊かなフランス女性って雰囲気はあった。
気が強くて、だけど花のように笑う、革命が傷になってはいても後ろは振り向かない、そんなマルグリットだった。
女優になったのはきっと、マルグリットの「革命」なんだ。
人々を弟を幸せにしたい、その気持ちが革命に駆り立てたのに革命は新たな弾圧と殺戮を産んでしまった。
それに対して「償うために不幸でいる」ことは簡単だ。
だけどマルグリットはそんな逃げは選ばず、もう一度立ちあがって、「ヒロイン」として人を幸せにする道を選んだんだと、まりもちゃんマルグリットを見ていて思った。
「恋には少年のよう」というセリフの似合うパーシーとの並びはかなりよかったと思う。
とうこちゃんのやった役を他の人がやっても、これだけ個性が出てれば素直にいいな、と思える、そんな二人だった。
きりやんのグラパンはね、もうできるのわかってるからw
貸し衣装のセンスもステキ。
特製マスクはきりやんの方がきもかったけど。

さて問題はまさきとみりお君。
今回役代わりで見事なまでに正反対な役をやった。
黒、悪役、狂気のショーブランと、白、正義、純粋なアルマン。
王子様はみりお君で悪役はまさきかな、と見るまでは思っていたけど、そんなことはなかった。
王子様力も狂気の表現もまさきが一歩上。
まさきはまだ狂気のコントロールができず、やりすぎて相当怖くて変な人になってしまっている。
けど、みりお君は狂気自体があんまり感じられないんだな…
狂気を持ってないよりは、やりすぎの方が役者として今後期待できるなあ。
アルマンはアルマンで相手役のマリーが「娘役」より「女役」に近い人だったのが災いした。
王子様力が足りないとマリーが姉さん女房通り越して「おかん」になってしまう…
その点でまさきの方がマリーが可愛かったように思う。
みりお君の方が個人的には好きなんだけど、困ったなあ。
ただ、まさきのショーブランの歌を聞いていて、ちえちゃんは鉄の喉だったんだな、と。
1公演丸ごとあの歌やって喉つぶしてないんだもんなあ。
鉄の喉と言えばハマコちゃんだけどねw
みりお君は鉄の喉なわけじゃなく、慟哭してないから大丈夫だったんじゃないだろうか(苦笑

そしてパーシーの右腕とも言える2人、マギーともりえちゃん。
もりえちゃんにしいちゃんの幻が見えた。
あの太陽のしいちゃんともりえちゃんは違うのに。
マギーはねぇ…マルグリットに手紙読まれちゃうのも似合わないし、敬語キャラっぽくない…
ただスカピン団が全体に若いせいで「まとめ役」っぽさは二人ともしっかりあったかな。

プリンスそのかはもう楽しそうだねえ。
あのプリンスは「派手でアドリブできる人」にやらせないとえらいことになるので、この人選は正解。
もうちょっとそのかには出番あげてほしかったけどまあ仕方ない。
あのお布団いれまくりの体でよくもまぁあんなに動くもんだw
そのかプリンスはうつけ者のふりした策士っぽくて、なんかパーシーの正体わかってそうな気がしたw

宇月颯くん以外のスカピン団友人ズはどうかと言うと。
やっぱり若い。
新公学年の子が多い上、少年っぽい子も☆より多い気がする。
紅君とかは新公学年でも少年じゃなかったもんなあ。
唯一しーらんだけは「末っ子」っぽくて可愛かったけど。
友人ズ、スカイフェアリーズ経験者が多かったおかげで久しぶりの月組でも全員認識できた。
たまき君は知らなかったけど、「わからない子がたまき君」と覚えればよかったからね。
炎の中へのハーモニーが案外と良かった。
アニマル柄のパリのオシャレ衣装はみんなよく頑張って着こなしたよw
あのオシャレ衣装、パーシーのは今回の方が出来が良かった気がする。
いいなぁ~。

メルシエ、ク―ポーはどっちがどっちか最後まで覚えられなかったorz
見たことのない名前もわからない子だったからなあ…
恋人ちゃんズも同じ。

そして毎度素晴らしい越リュウ様。
ロベスピエールも色気満載。
オペラグラスで追っかけまくったぐらい。
ああ、あんなかっこよかったら悪人でも憎めないかもw

シャルルは特筆することもなし。
超下手ってわけじゃないけど上手くもないし可愛くもあんまりなかった。
なんでこの子なんだろう?
靴屋夫婦は上手い。
シモンはあみりちゃんという子なんだけど、新公卒業したてらしい。
あの学年でこれはすごいなあ。
ジュサップはあまおっちの方が好き。
コメディフランセーズのマルグリットの後の歌手は星がかぁたんだったせいもあるんだろうけど、すごく上手い歌手ってわけじゃなかったのが残念。
シュザンヌすら「あなた誰?」だったorz
サンシール侯爵のソロは星くみちょの方が好きだったかも…
デュテュルネーはなんか印象残らなかった。

そして今回はフィナーレもだいぶ変わってた。
群舞とデュエットはネ申。
問題はラインダンス。
衣装がひどすぎる。
なんというか、いかがわしい。
スカステではデザイン者が、ドレスをモチーフに貴婦人のイメージで~とかインタビューに答えてたけど、とんでもない。
娼婦っぽい、というのが本音。
それに引き換え群舞は本当ネ申。
2人1組のチャンバラはどのコンビもかっこいい。
ここぞとばかりに大暴れしているそのかもステキだし、まさきやみりお君も、マギーももりえちゃんも、下級生一人ひとりにいたるまでみんなカッコイイ。
太王四神記の玄武もよかったけど、あれとは別の方向性のネ申っぷり。
1本ものの後のイケコのフィナーレは毎度おなじみの流れだけど、それでも今回はラインダンスの衣装以外はかなりよかったと思う。

宇月颯くんに会いに、次も月組行っちゃうかも…
金欠に気をつけなくちゃw
スポンサーサイト

安蘭けい箱舟2010

ゲストが2人いて、サイドKとサイドSがある。
でもって今日見たので両方コンプリートした。
どっちもよかったよ。
二人の個性の違いが面白くて。
浦井健治さん(今日のサイドK)の方が歌は好きだ。
だけど武田真治さんはサックスがすごく良くて、だから結局甲乙つけられず。
1部はストーリーがあり、廃墟の船を舞台に話が進む。
傷ついた女(とうこちゃん)が流れ着き、そこへ男(浦井さん、武田さん)がふらっとやってくる。
不思議な船長(西田さん)に邪魔され見守られながら二人は恋人になり、一夜をともにし、別れる。
ストーリーは浦井さんの方が見えやすかった気がする。
あ、衣装は断然サイドK。
ザブリナパンツが超かわいい。
(二番目にかわいかったのは赤ボーダーのセーラーさん)
今回の衣装で一番いいかも。
もちろん私はとうこちゃんを見に行ったわけなんだけど、いや、とうこちゃんも見てたんだけど、ダンサーの西田健二さんがすごすぎて…
かっこいい。
踊ってる時かっこいいのは当たり前にしても、立ってるだけとかお辞儀してるだけですらかっこいい。
そりゃ顔は悪くはないけど、正直目が離せなくなるほどの美形じゃない。
プログラム見ただけの時はふ~ん、程度だった。
なのに舞台にあがるとすごい。
跳躍の美しさ、揺れてるだけの振り付けでも滲む色気、リードの上手さ、ただのお辞儀ですら他の人とは違う動き。
ステッキを使ったダンスももうね、うっとり。
目が離せず、釘づけになってしまった。
西田さんは帝劇エリザのトートダンサーもやるんだそうだ。
トートダンサーはその名の通りダンスだけで全て表現する役、一言もしゃべらない。
宝塚版でも番手じゃなくダンスで選んでる役だけど、それを帝劇でやる人。
そりゃあすごいわけだ…
しかし実は銭湯の息子で、MCでその話をふられた瞬間表情が崩れ、普通のちょっとかっこいいおじさんになってしまう。
う~ん、かっこいいって言うのは表情と動きも込みで作られるもんなのね…顔や体型だけじゃないんだw
武田さん浦井さんもエリザのメインキャストで、相当すごい人ばっかりのコンサート。
MCのグダグダぶりがうそのようw
MCは本当もうどうしようもないw
とうこちゃんを好きにしゃべらせとくとこうなるんだな、というのがよくわかる…
聖子ちゃん好きなのはわかったからwとかね。
まぁMCに関しては武田さんも相当グダグダだったからなあ…
モノマネという枠がある分浦井さんの方が若干マシ。
彼らはお笑い芸人ではないからMCがグダグダでもいいんだが、それにしても二人とも変人だ…
とうこちゃんといい彼らといい、舞台人って普通の感性の常識人じゃ大成しないのかもw

歌はアルゼンティーナよ泣かないで、が一番好きだ。
ジーザスクライストスーパースターの「私はわからない」ってのもよかったなあ。
とうこちゃんはこの系統の歌が一番いい。
カラード系で、芝居色の強い歌。
とうこちゃんの歌は何より表現力、芝居心に支えられてると思う。
だからドラマ抜きの歌だとそこまで輝かない…
今回の百恵ちゃんの歌2曲にしても、あれがよかったのは、特にプレイバックの方はドラマ性の強い歌詞だったから。
ドラマの見えない歌詞ではあの魅力は引き出せない。
音域の問題はボイストレーニングでクリアできるだろうから、別に聖子ちゃんも不可能じゃないとは思う。
だけど選曲はとうこちゃんに一任しちゃだめだw
自己プロデュース能力に難があるのはUNOでわかったし。
とうこちゃんは歌手であり役者なんだからプロデュースが下手でも致命的な問題じゃない。
だけど下手は下手なんだからこれからも演出家におまかせでいってね。

それはそうと、I gotchaは本当いいわ。
歌えない踊れない声はアレレなくせに色気だけは駄々漏れのアニキもよかったけど、ちゃんと歌える人がやっても絶品です。
あの曲でメンバー紹介とか、もうGJ!
西田さんがね、もちろん西田さんパートも無茶苦茶かっこいいんだけど、他のメンバー紹介の時で揺れてるだけでもかっこいいって言うか、揺れてるだけなのにエロい。
そのエロさが生々しいのに下品じゃないのがすごい。
宝塚の男役がヒモだの柄の悪いヤクザがいいのは、男役は生身の男じゃないから。
エロさと下品さを分離するのは生身の性だと難しいから、男役の方がやりやすい。
(宝塚の娘役がなかなか清楚系以外できないのも同じ理由)
生身でエロさを表現するとオマケのように下品さがついてきてしまう。
それが西田さんは分離出来ていた。
いや、西田さん語りしてるけど、もちろんとうこちゃんもみてたよ 。

とうこちゃんもダンスは退団後良くなってる。
リードされることに再び慣れてきたってこともあるんだろうし、公演内での負荷がトップ時代より低いんだろうね。
歌もどんどんよくなってきてるし。
特に「ラストダンスは私に」が一週間でずっとよくなった。
雰囲気が引き締まって、いい感じ。
ゲストが一人でとうこちゃんにゆかりのある歌を歌うシーンでは武田さんのローズと浦井さんのブルースレクイエムだった。
どっちもいい曲だとしみじみ。

今回のコンサート、歌詞を訳しなおしたりしてるんだよね。
すごく手が込んでるの、細かいところで。
本当はもう1曲1曲感想があるけど、それやるともうブログの長さじゃなくなるw

なみだのでるうた

カスタマイズCDをまた作ってしまった。
好きな曲だけ買うシステムなだけに、つい買っちゃうんだよねえ。
これで3枚目のカスタマイズCD。

今回はスカステ番組の「なみだのでるうた」の曲だけで12曲のアルバムを構成。
実に聞いていて気持ちのいいアルバムになった。
にわにわさん、みいちゃん、風莉じん、まりぃちゃん、マメちゃん、ゆめみさん、かぁさん、他メドレー。
上手い人だけで構成するとこんなにも気持ちいいのか、と。
私はどいちゃん大好きだけど、どいちゃんの歌は買う気にはならず。
そして大穴がみいちゃん…
こんなに上手かったっけ。
「サボテンの花」がもう感動的な上手さ。
もっと使ってあげてくれ…
ただ上手いだけじゃなくて色男系の上手さなんだもん。
もったいない。
風莉じんとにわにわさんは安定した上手さ。
まりぃちゃんは蓮っ葉な歌い方が意外に似合ってて良い。
マメちゃんは特にずば抜けて上手いわけじゃないのに、なぜかグッとくるものがあって買ってしまった。
かぁさんはわかっていたことだけど感動する上手さ。
ゆめみさんは上手いんだけど、アンサンブルな感じだなあ。
本当、このCDはかなりいい。
みいちゃん、ジャズオンタイムに出てくれ~
そしたら見るから!というか録画もするから!
頼むよ、歌劇団。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック