FC2ブログ

2009-09

ロシアンブルー

う~ん、私は大野先生にはつい厳しい要求をしてしまうようだ。
この作品、他愛のないコメディだけどとても楽しい。
主演コンビはちゃんと愛し合ってるし、トップと二番手も友情で結ばれている。
3番手にも娘役にも見せ場がある。
しかもトップから3番手、別格、トップ娘役、全員きっちり宛て書きされている。
某女性演出家の星組や雪組サヨナラ作品に比べたらもうどれだけ褒めても褒め足りないレベル。
事実楽しかったし。
でもね~、大野先生ならもっとできるはず!と思っちゃうんだよね。
「ヘイズコード」や「さらに狂わじ」、「花のいそぎ」なんかが素晴らしすぎて。
ヘイズコード、私はリビイはあすかちゃん史上一番好きだし、さらに狂わじのタニちゃんはタニちゃん史上一番好きだ。
というか宝塚の演出家の中では大野先生が一番好きだ。
それぐらい期待値が高いから充分に面白い作品なのに「もっとできるはず!」って思っちゃうんだろうな。

大野先生はこだわりが多い。
それは大野先生の最大の長所でもある。
でも、毎回必ず良い方に転ぶ訳じゃないんだよねえ。
今回は「うんちく」セリフが多くなってる。
まあ話の本筋にあまり関わらないので、結構スルーしてしまった。
それと、大劇場の人数と大きさにまだ慣れてないのかな?
コーラスやダンスシーンじゃなく、モブでもなく、ほとんどの人物に名前とセリフのある状態であれだけの人数が舞台上に出てくるとキツい(汗

それと、キムちゃんとハマコちゃんの扱い。
ハマコちゃんの役は大きすぎる。
確かにハマコちゃんはデキる人だけど、それでもデキるからやらせればいいってもんじゃないのが宝塚。
それとキムちゃんはもっと鍛えないと。
あの役、フィラントとかぶってるせいもあり、キムちゃんの引き出し増えないよ。
なんでもできちゃうキムちゃんだからこそ、鍛えないと。
ディディエ以外でキムちゃんを良いと思ったことがない、正直。
あれだけなんでもできるのに、芝居に心ひかれないのはもったいない。

役者語り。
ミズさんは「心無い笑顔」がステキすぎるw
コメディもちゃんと笑えるし、みなこちゃんとの関係も可愛いし、ゆみこちゃんとの関係は腐が食いつきそうではあるが信頼関係があっていい。
最初の魔法使いの村のシーンでのみなこちゃんとのカップルがステキすぎて、もう。
ミズさんなら本当にホウキに乗れちゃいそうな気がしたラストシーン。

みなこちゃん、おめでとう!
今回の役はピッタリだったし、
スポンサーサイト

AIDA千秋楽雑感

あいすれ~ば~あいする~ほど~ きりのなか~あ~まよいこんで~
じゃなかった。
上のはB’zだw
B’z世代なんでついねw
本当は
愛すれば~愛するほど~遠ざかってゆく人~

千秋楽になってもやっぱりラダメスはあんまり変わってなかった…うむむ。
アムネリスが強くなっちゃったもんだからさらにパワーバランスが宝塚とは変わってきている。
そのうえカマンテとサウフェが消えてウバルドのみになってるせいでウバルドも強くなり…
これはこれでいいんだけどね。
しかし女は強いw

それはそうと。
ウバルドがアイーダに最初にぶつける言葉は「自分を売るのか、奴隷になったのか」なんだよね。
ここで「そんな男に惚れたら不幸になる、俺はそれを見たくない」って言うような兄を持っていたら、アイーダは親子の縁を切り祖国を捨て女になりたい!なんて突っ走らなかったんじゃないだろうか。
お兄ちゃん、もうちっと妹のこと可愛がってあげてください。

今回のバージョン初見の時からなんとなく気づいてたんだけど、宝塚版で「あれ?」と感じたところは二か所ともコッソリ直されていたw
一か所目。女官たちに責められた後のアイーダソロ。
宝塚版:戦いは新たな戦いを産むだけ
今回:愛すれば愛するほど
そうだよ、なんでラダメスへの恋心の話してるのに戦いが出てくるんだ。
キムシン、やっと気付いたか。
二か所目。アイーダに秘密を聞き出せと迫るアモナスロソロ。
宝塚版:その手はお前の母の手だ
今回:その手は母なる大地の手だ
アイーダ母になんか壮絶なドラマがあるのかと思ったんだけどね、宝塚版。
エジプト兵に城を焼かれて子ども二人を逃がしたけど自分は逃げ遅れて死んだ、とか(焼けただれた手、って歌詞からの連想だな)
そういう意味じゃなかったらしい。

フォトブックも購入。
現代によみがえったアイーダはメイクと髪がその、あの、ねえ。
こういう時だよ、ちはる兄貴かもーん!
男役が男役普段化粧から女優メイクに変わるための指導に来てくださいな。

でもって、観劇後に売店寄ったらアモナスロのCDが売ってたわけよ。
や、サントラとかじゃなくて、普通に役者さんが歌うCDね。
シャンソン好きだし(ろくでなし入ってるし!)、アモナスロの声もよかったから買ったわけよ。
素晴らしい。
色気のある声だし。
歌いあげ系もあまくささやく系もいけるのね。
「そして今は」って曲が一番いい。
でもってこれね、これね、ちえちゃんがア・ビヤントの大階段でうたってた歌なの!
歌詞は違うんだけど、同じメロディだからすぐにわかった。
いや~こんなところで出会えるとは!
アモナスロさまは別にエキセントリックな役専門じゃなく、普通に素敵なおじさまだということがわかりましたw
とうこちゃんのワンダースリーでシャンソンっていいな~と思って10年。
やっぱりシャンソンは好きだ。



ここから先は雑談。
1シルバーローズクロニクル
ゆみこちゃんのバウね。@スカステ
いやあ、あまりの斬新なラストにあごが落ちたわ。
最近のヴァンパイアは「永遠の命は寂しい」という発想で、軽々しく仲間を増やさないのがトレンドだったのにw
例:リカさんの薔薇の封印
さゆちゃんヴァンパイアはあっさり吸血鬼にしちゃう。
それまでさんざん「永遠の命はさみしい」って言ってたくせに。
をいをい、自分がされて嫌なことを人にしちゃいけません。

2あさこちゃんのコンサート「SENA!」
これもスカステ。
閣下の歌を歌うってんで見た。
感想。
ないないないないないないないないないない!
あさこちゃんが悪いってんじゃない。
閣下のあの歌をオーケストラアレンジにするなと。
全員座ってるハコでやるなと。
最初はとうこちゃんならアリか?とか考えたけど、とうこちゃんでもナシだわ、あのアレンジは。
とうこちゃんでもあさこちゃんでもスタンディングのライブハウスや武道館でバンドひきつれて歌うならアリ。

太王四神記原作を見て

まぁ韓国だな、と。
私は嫌韓じゃないけど、韓国人の考えることはよくわからんな、と。
やたら戦闘シーンが多くて、基本的に復讐されてるし。
親子の関係も日本とはかなり違うし。
まっすぐな武人ホゲより策略家タムドクの方が評価高いみたいだし。
文化の違いは大きいねえ。
宝塚版はそういう文化の差を薄めることにはかなり成功してたね。

けど、役者が無駄にイケメン揃いw
しかもヒゲ率高いのがうれしい。
ホゲがも~かっこいい!
ヨン様なんかメじゃない!
現代ものドラマをやってるホゲも見てみたいぐらいかっこいい。
でも文化の違いにウヘァだから多分見ないけど。
プルキル様も素敵。
濃い顔立ちで私の好み。
セドルとコ将軍も素敵なんだけどね。
チョクファンがあんまり好みじゃなくてガッカリ。

でもって、原作見たらも~ホゲに入り込んじゃって。
星組みた時もホゲに泣いたし。
一幕最後の玄武覚醒のシーンね。
わかっていながら道を踏み外していくホゲが切ないのなんの。
しかも原作のホゲは死んでも誰も悲しんでくれない。
(両親死亡、タムドクとは和解せず、忠臣もいない)
それがまた悲しい。
だから星組でホゲが死ぬシーンには泣いてしまった。

キハも本当に不遇で。
タムドクとはひたすらすれ違いだし。
結局プルキルがサリャン盾にしたせいで、サリャン刺しちゃうし。
スジニが妹だと気付いた時、スジニは短刀持って自分に襲い掛かってくるし。
それで壊れちゃう。
狂気が本当に怖い。
そして悲しい。

スジニも本当切なくて。
タムドクへの気持ちを打ち明けられないスジニ。
黒朱雀になるかも、と死を決意した時の、綺麗な衣装でただ一回だけ女の子になったスジニ。
キハの子供育て出してからのけなげなスジニ。
どれも切ないし、戦うスジニの強さがまた切ない。
お酒飲みまくりな男前なところもいいんだけどね。

フッケとチュムチはこの作品の「救い」
とくにチュムチとタルビの夫婦が。
完全に尻に敷かれてるチュムチがいい。
で、宝塚版だとただの飯炊き女なタルビだけど、原作ではかっこいいキャリアウーマン。
経理のプロ、ただし死別だけど旦那アリ。
チュムチも年齢高めだけど、姉さん女房なんではないかと妄想。

コ将軍は終盤でかます冗談がステキ。
戦闘シーンもかっこいいし。
忠臣って萌えだよね~。
チョロ&カグンもいいんだけど、カグンは一気に老け過ぎw
20年の間に40歳ぐらい老けてる。
チョロがスジニ気にしてるのがかわいい。
あのすんごい美形なのに口説かないところがいいw
それと、スジニが隠れてることを知っててこっそりタムドクを外に誘導してスジニに顔見せてあげるシーン。
や~女心のわかる男がほかにいないせいもあるけど、なんとかっこいいことか。

パソンがすごい年齢高かったのに驚きつつ、ヒョンミョンも普通に飴かじってるオッサンだし…
星組のヒョンミョンは玄武ファイターズで私を悩殺してたのにw
でもスジニへの愛情は二人とも本物だね。
ヒョンゴが以外に若いってか少年時代のヒョンゴまで出てきたし。

でもねえ。
原作の最大の問題はラストシーン。
戦闘シーンがやたらに続き、やたらと早く時間が経過し、その挙句。
キハがプルキルに子供傷つけられて黒朱雀になり、神器を神に返すのは一緒なんだけど。
原作では神器がなくなるとタムドクが死ぬと、ヒョンゴが読んだ古文書に書いてあるわけなのよ。
でも史実じゃタムドク死んでないし。
でも最後神器壊して光の中に入っていくのは死んでるようにしか見えなかったし。
それ以前に敵将が死んでも戦闘継続してるし、いつまで戦いは続くの?
フッケとコ将軍犬死じゃないでしょうねえ?
神器壊したら守り主はどうなるのよ?
宝塚版のラストシーンもいい加減強引だと思ったけど、それ以上だなあ。

AIDA

とうこちゃんの退団後初の公演を見てきた。
本物の男性が演じるようになって、出演者が減って、その点で細かい変化はあるけど、基本的には宝塚のと同じもの。
でも私にとってはまったくの別物だった。

それは、私が自分はアイーダの生き方はできないと知ってしまったから。
自分の未来や家族、バイトなんかの全てと恋愛を天秤にかけて、自分の未来をとるという経験をしたから。

宝塚版を見た時は今思うと無邪気にアイーダに共感していた。
今の私にはその無邪気さ、言いかえれば若さはない。
実際にはすべてを捨てて愛に生きるなんてできないと、身をもって知っている。
アムネリスの痛みが、実感を持って迫ってくる。
「一時の感情で」となじるアイーダに、自分がなじられている感覚を覚える。
「それだけの男を愛したのか、あなたは」というラダメスのセリフが突き刺さる。

アイーダは「ただの女になりたい」と言う。
家族も何も、背負うものはすべてただの枷になってしまう。
アムネリスは自ら背負ったものとともに生きることを選ぶ。
「ファラオの娘だから」と。

思うに、アイーダの家庭に温かいものは少なかったのだろう。
母は早くに亡くなり、戦いに明け暮れる父と兄。
父は敵の将軍を倒すためなら自分の部下もろとも突き刺すような男。
「私が一番偉い」、これは本音だろう。
それでも、「父親と娘は離れられない定め」。
一番近しい人が、頭では人として大嫌いなのに、情が全く逆に動く。
「国かラダメスか」の葛藤のはるか以前から、アイーダの心は引き裂かれていた。
だから望んだのだろう、全てを投げ捨ててただ一つ手に入れる愛を。

アムネリスの家庭はきっと温かかったのだろう。
娘の望みをすべてかなえてやりたいと望む父。
周りが無責任に「ファラオの娘だから」と持ち上げる一方で、強く強く誇りを築き上げていったのだろう。
だから求めたのだろう、責任の伴う、愛によって背負うものをさらに支える愛を。
この二人の求める「愛」は全く別のものだ。
対極にある生き方。

ラダメスは家族関係がまるっきり書きこまれていないからさらなる妄想の世界に入ってしまうけれど。
ラダメスは「孤独」だった。
背負うものを憎みもせず、かといって何を犠牲にしてもそれを守る覚悟もなく。
ある意味本物の「根なし草」なのかもしれない。
ラダメスはアイーダもアムネリスも本当には理解できないんじゃないか、と思う。
今回のラダメスの芝居がそう感じさせるのかもしれないが…

恋のために全てを捨てることなんて、できはしない。
アイーダすら、最後の交換条件で父を助けた。
誰もが背負ったものとともに生きている、そう生きることを選んでいる。
そのことを受け入れられない人生はとても不幸だと思う。
だから結局のところ、アイーダの生い立ちは不幸なものだったと私には思えてならない。
背負ったものを憎んでも、憎んでも、それは消えない。
傷ついても泣いても生きていかねばならない。
そして傷つき涙しそれでも立ち上がって生きていく生き方にこそ、幸せは落ちているものだと思う。

手を取り合って心中して終わる物語は美しい。
人類の永遠のあこがれだ。
でもそうできない人間こそ、真の意味で人間らしい人間だ。
そういう意味でアムネリスの存在はこの物語では大きいと思う。
見ている人間にとって、夢であるアイーダと現実であるアムネリス。
その二人がぶつかり合うことにこそ、この物語の魅力はあると思った。
ただの悲恋に終わらない、もっと深遠な魅力が。


それはそうと、役者語り。
ラダメス君は…うむむ。
歌とか芝居とかその…ねえ?
アモナスロとウバルドは素敵な狂気で素晴らしい。
アモナスロとファラオの歌は絶品。
というかエチオピア女役の女性ソロも含め、歌がみなかなりハイレベル。
ファラオの温かさ、アモナスロの熱い冷たさ。
この対比がいいよ。
アムネリスは少し芝居が弱いかな、と思った。
もっともっと前に出ていいと思う。
ケペルとメレルカがどうもな~…役者に罪はないんだが。
宝塚版だとしいちゃんとちえちゃんで、役者フィルターかかってたんだな、と。
こんな書きこまれてない役だったとは。
ヘタレたサウフェがいないのが本当にさみしい。
大好きだったのに。

アイーダ?とうこちゃんは素晴らしいに決まってる!
一時帰国した時の衣装はその…ごにょごにょ。
でも歌は高音まできれいに出ているし、ちゃんと「強さ」のあるアイーダのままだった。
相手役が男になったから、で芝居の差がそんなにあるとは思わなかったな。
ただいかんせんラダメスが薄まってるからなあ…
歌詞がなぜかパワーアップしてるのは置いといて、ラダメスへの気持ちを歌うナンバーがかなり追加されてることでラブストーリーとして愛が前面に出てきた感じ。
だからキムシン、平和平和叫びすぎてたの修正できるんなら最初からやるな!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック