FC2ブログ

2008-11

ベルサイユのばら外伝ベルナール編&ネオダンディズムⅢ

全国ツアー追っかけその2。
今回初めてツアーの入り待ちをした。
......あっけない。
みんなバスで修学旅行みたいにくるんだもん。
手は振ってくれたりするけど、ほとんど見えない。
一瞬。

んでもって本編。
最初の小公子に上級生が混じりまくってえらいことになってるけど、それはツアーってことで。
でも作品自体はベルばらとは思えない素晴らしい出来。
ベルばらなのにハッピーエンド!
ベルばらなのに主人公同士が結婚する。
ベルばらなのに感動できる。
「愛のかたち」?って新曲があるんだけど、それがいい歌に聞こえる。(花組では兄妹で歌っちゃったやつを星組は夫婦で歌うから
バスティーユの戦闘がストーリーのクライマックスになってる。
殴るシーンに必然性がある。
正直、こんないいものが見られるとは思ってなかっただけにビックリ。
花組はストーリー崩壊してたもん。
「残された者の使命」を語るロザリー、それを受け止めるベルナール。
死んでおしまい、な話ばっかりなベルばらの中で異色なエンディング。
アランが残した孤児と自分の子供(フランソワbyオスカルから命名、男の子だったら、とベルナールは言ってたけど、絶対女の子でもフランソワにしてると思う)を育てて、二人で革命の理想を夢を語り継いでいく。
革命に散っていった人々の命の重みを受け止めて。
感動的。
ラストも二人が前向きに生きていこう、というシーン。
ベルばららしからぬ地に足のついたストーリー。
きっとこの作品にはゴーストライターがいたに違いないw
そう言いたくなるぐらい、いい。
本編より外伝のがいいってのもどうかと思うけど、本編を大劇場でやるぐらいならこっちやった方がいい。
全国ツアーは通えないのが残念。
まあストーリーにアラはあるよ。
アランとアンドレの二役はやめてくれ、とか。
しいちゃんに他意はないけど、アランはあかしかともみんあたりの若手にやらせて、しいちゃんはアンドレだけにしとけばよかったのに。
アランは最後の手紙のシーンがあるから声のいいともみんのがいいな。
若干強引な時間経過もあるし、その時間経過を埋めるシーンの歌はぶっ飛んでるし。
でも今までのベルばらとは比べものにならないぐらいいい。

ネオダンディズムがいいのはわかりきってることだけど、いい。
あの最初のシーンのチャイナ。
とうこちゃんが歌うパラディソは本当に名曲だと思う。
自分が好きだった人の事を思い出して胸が痛くなる。
あの振りと衣装はガラの悪いあかしが似合う。
サヨナラ仕様のポラリスの代わりに入った明日へのエナジー。
とうこちゃんの声って本当にドラマチック。
涙が出そうになる。
今度はキラキラなあかしが(ry
「恋する男はドンキホーテ」、とよこちゃんもしいちゃんもかわいすぎる。
毎回ノリノリで手拍子。
「ダンディズムとは」ではひげのあかしが見られる。
こんなのもう二度とないかもしれないレア。
ソロパートは、その~ガンバレ。
涙のでる歌出演者の歌手と並べちゃあかわいそうだよ(あかしもあれ出てるけどさ
キャリオカはとうこちゃんもシンプル燕尾にしちゃえばいいのに......
あかしのダンスは好きだ。
ロケットになんかゴツい人が多いのはこれまたツアー仕様ってことで......

ヅカ関係の記事は長いな。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック