FC2ブログ

2008-03

ブルーハーツの話Ⅱ

彼らは恥じることなく命を礼賛する。
「生きていることがすばらしい」と。
そのストレートさが彼らの一番のよさなんだけど、それが痛い。
それが痛くて、聞いていて涙が出る。
こんな風になりふり構わずいられたらいいだろう、と。
いわゆる「元気をくれる曲」だと思う。
けど、私には逆にすごく痛い曲だ。
でもその「痛み」は私から余計なものをそぎ落としている痛みなんだろう。
「大人」がブルーハーツを再評価してるって話、わかる気がする。
彼らのように「生きること」「命」を手放しで礼賛できなくなっているからこそ、彼らの言葉が響く。
私はいつから「生きていることがすばらしい」って言えなくなったんだろうね。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック