FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢は大きく?@コミケレポ2015冬

今年も行ってきたよ、冬コミ。
しかも今回は二日目三日目ダブル参戦!
二日目は歴史系やらガルフレやらを漁り…
三日目はシスプリべビぷり狙いの予定が…評論系で予定外の大散財!
日々プロットで政治ネタ見てるせいで、今まで全く食指の動いてなかった範囲にまで…

今回、三日目の混雑すさまじく…コスプレ広場は断念。
つ~わけで写真なし。
会場外に来ていたペッパー君ぐらいしか写真撮って無いもの。



で、せっかくプロットの名前を出したので、チーム阿佐ヶ谷プロットでコミケに出店する妄想を!
まず売り子はビィパタァンさんとえんどれすさんの交代制。
(基本的に売り子むきの芸人さんはあの界隈にいないw



本のラインナップ。


マザーテラサワさんの「読書会集大成」
えずれひろゆきさんの「コンビニ裏マニュアル」
日の丸じゃぱ男さんの「近代独日史」
チャールズ渡辺さんの「ゲームシーン再現写真集」
まん☆だん太郎さんの「恋愛遍歴エッセイ」
おしんこきゅうさんの「少女漫画いまむかし」
鈴木在人さんの「オタ芸指南」


結構出せるなあ。
いつか私が大金持ちになったら、彼らに本書いてもらって、コミケに「朽葉姐さんプレゼンツ『チーム阿佐ヶ谷プロット』」のブースを出そうw
スポンサーサイト

お笑いライブに前田慶次@ボツネタ詰め合わせ

ブログというものは、なんでも載せられるのだが、自分ルールでOK出せないでボツネタにすることもある。
朽葉姐さんもボツネタを出している。
忙しすぎてあげるタイミングを失った記事、過激過ぎたBL、ピンポイント過ぎる萌え…





まずあげるタイミングを失った記事。
ある日の下北プレップス。

MCは世界少年さん。
パレードさん、無知のち晴れさん、イサヲさん、こぐれさん、小林すっとこどっこいさんが印象に残った。

パレードさん…
ウサインボルトダヨ?
ボルトが食い逃げ犯に間違われ、ダッシュするも普通の店員に追いつかれる。
ボルトなのに負けた!というのを繰り返し、だんだんボルトがかわいそうになるコントw
最後はウサインボルトダヨ?を繰り返すだけで笑えてくる。
なんつー破壊力。


無知のち晴れさん。
声のインパクト。
大根と結婚⁉
異次元だ…
見た目のせいもあり、缶コーヒーのCMの宇宙人ジョーンズのようだw
告知タイムから察するに、芝居の人らしい。
ラストがまさかの展開。



イサヲさん。
衣装は細部が大事なの!w
ご本人相手に朽葉姐さんの萌えを語らせてもらった。
学ランの下にワイシャツなしでTシャツだったのね。
なのにイケてないキャラ。
それはNG!
学ランのワイシャツなしの着こなしが許されるのはWAの時任とか!(ネタが古い


こぐれさんはカップ焼きそば。
また擬人化w
なぜ食べ物を擬人化する?
いろいろ誤解招くからやめれw


小林すっとこどっこいさんはピン出演。
ニュースに出てくる犯罪コメンテーター。
コンビ(がじゅまる)の時のネタに比べ、風刺色が濃いなあ。







ピンポイント萌え。
花の慶次の捨丸ちゃん。
慶次にとって、捨丸は子どもだ。
そこに恋愛感情は生まれようもない。
まつがいなくても結果は同じだと、これは確信を持って言える。
そして、哀しいのは何度襲われても慶次が反撃しなかった事。
慶次にとって捨丸は「覚悟なき者」だから切れない。
それ以上に、「おなご」で「子ども」だし。

捨丸は忍としてありえないレベルに未熟だ。
そもそも忍が任務中に斬られて、斬った相手を敵討ちしに行くのがおかしい。
もちろん便宜上そういう言い方をすることはあるかもしれないが、敵討ちが主目的の攻撃なんてありえない。
それ以前に戦闘中に「あにさま!」なんて叫ぶのがあり得ないし。
慶次は前田家の嫡流ではあるのだから、邪魔だからと言って殺せば実行犯は生かしておけない。
捨丸は暗殺成功の暁には始末されるだろう。
そこらへん全く分かってない捨丸。
かんざしで襲いかかっても深草家のメンツが驚いてないって事は身分彼らにバレてるし。
もういろいろ未熟すぎる。
戦闘に入れるなっつ~レベル。


捨丸が最初に慶次に襲い掛かった時、慶次が「あの日の敵」、「兄を殺された」ですぐ反応していたのも、「あにさまと叫ぶ忍」が違和感のある存在だからだろう。
そんな未熟な覚悟なき者を戦に入れるなと。
そして慶次暗殺の実行犯である捨丸、このまま戻っても殺されるだろうし、おなごだし子どもだし何にもわかってないし。
だから慶次はとても複雑な表情をする。
それがむちゃくちゃカッコよくて、その後の優しい顔がまたイイ、なんてこともとりあえずおいておく。

頭領どんだけ無能なの…

そして松風の世話をしながら重太夫とイチャイチャする捨丸を見て、慶次は嬉しかったことだろう。
捨丸の方が圧倒的に強いとことか、まつと慶次みたいでw

慶次は傾奇者、いくさ人、とらわれない人。
でもその美学で唯一律せないものがまつへの思いだ。

慶次からひとしずく零れ落ちたセンチメンタリズム、それが捨丸。
ああなんて萌えなの。






過激すぎたBL?
載せたいよ!
載せたいさ!
でもね。
朽葉姐さんがFC2に怒られちゃうでしょ。
あ~残念w

スポットライトが人を育てる@真風君の躍進と芸人さん学校の話

百周年の宝塚。
お祭り騒ぎ。
それをスカイステージのニュースでちょっと見た。



どんぶらこ、ヤバいwwwwwww
久しぶりにこんだけ草生やしたわ。
イシちゃんが可愛いという異常事態発生。
バトラー船長が代表作の人には見えない可愛い桃太郎。


イヌサルキジは名前だけ。
実際はちゃんと人間の武士の姿。
みりお君、ベニ、チギちゃん。

それより、鬼!
鬼が美形ばっかり。

まあ君、みやるり、真風君、だいもん、きちゃ、まっつ。


私のイチオシ、真風君。

つーか真風君がこんなにカッコよく育つとは…
本当、スポットライト浴びてジェンヌは育つ。
花が開くには光を浴びるのが1番ね。












たまには朽葉姐さんの話をしよう。

朽葉姐さんはヲタなので、論文の研究テーマもマニアック。
そのままマニアックさを買われたはずで、ある職場にスペシャリストとして入職。

しかし、私のいた特殊セクションは周りには疎まれる部署。

あ、アレだ、相棒の右京さん的な職種?
立ち位置的には神戸君かな。
(注:私は刑事どころか公務員ですらない


あ、救命救急のドラマでも救急は不採算部門と疎まれてたな。
あ、こっちのが近いかも。
朽葉姐さんの立ち位置、松嶋菜々子じゃん。
松嶋菜々子がイイわ、こっちにしよう(違



話が思い切り脱線した。



んで、朽葉姐さん、忙しい割には報われない訳だ。
その部署がないと職場は回らないが、その部署があるから汚れ仕事がくるんだ的な誤解もあってね。
で、部署が疎まれてるなら、せめて私の存在だけでも受け入れてもらおうとした。
私はあくまで専門職、事務その他もろもろは全く未経験だし引継ぎもまともにないのにね。


やーすり減った。
最終的に朽葉姐さんは社畜モードにトランスフォーム。
ブログは更新停止に至った。




でね、思ったわけよ。



「求められたモノを満たす」努力と、
「求められる存在になろうとする」努力は、
本質的に違うモノだと。



求められたモノを満たす努力なら、何をすればいいか、今何割達成か、何かしらの指針がある。
理不尽な指導があるとしても、指導者もいる場合が多い。

求められる存在になろうとする努力は、先が見えない。
指導者どころか仲間もいない事もある。
すり減るよね。



腐るとか諦めるとか、壊れるとか。
意志の力だけでは頑張り続けるのは難しい。



だから、私はもっとたくさんの人にスポットライトを当てたい。
求められてるんだよ、と。
私のブログに取り上げた記事の中で、芸人さん学校の学生さん芸人あたりは、検索かけたらウチのブログが出てくることもある。

もし、私のブログにたどりついた学生芸人さんがいたら。
こう伝えたい。



私は貴方たちを求めているよ、と。


二年もの間、完全に冬眠していた朽葉姐さんが再始動したのは、お笑いがきっかけだから。





今、松竹の芸人さん学校の卒業生が松竹に入れるかの発表の時期らしい。
全員受かって欲しいけど、そうもいかないのだろう。

でも、ここに彼らのパワーで復活した「朽葉姐さん」という存在がある事を、知ってもらえたらいいなあ、と思う。
今回の結果がどうあれ、君たちは求められているんだよ、と。
先の見えない、求められる存在になるための努力なぞ必要ない。
既に求められているんだよ、と。
これからも朽葉姐さんを笑わせてくれて、楽しそうにステージに立っていて欲しい。




つーかリアルな話、一部の松竹の芸人さん学校の学生さん芸人の皆さんはここを知っている模様…
芸人さんの名前で検索したら出るからなー。
しかしアホな妄想配役やら、唯一の分析系記事やら、どういう訳かいつもと違うモノにばかり皆さんたどりつく…
芸人さんの検索サイトには、きっと時空のねじれが存在しているに違いない。
うん、そうに違いない。

ロシアの飴紙展

本郷にある雑貨屋、MITTEのロシアの飴紙展へいってきた。

ソビエト、ウクライナあたりの飴の包み紙の展示。
なんとまあマニアック。



で、飴の包み紙(展示内では「飴紙」と呼ばれている)はサイズ的には手のひらサイズ。
ミルキーの包み紙とサイズは変わらない。
しかもミルキー的な包み方だったようで、どれも両端に皺あり。

でもデザインが可愛い。
捨てられない気持ちはよくわかる。

写実的なもの、キャラもの、政治色の強いもの、幾何学模様、とバリエーションが豊かなのね。
社会主義って競争がないからウンヌンとか、プラハの春でも「ジーンズは東側の憧れ」的な描写があったこともあり、東側って「食べられればイイ」的な文化なのかと思っていたのだが。
偏見だったな~、と。



幾何学模様系は特に豊かだと思った。
北欧雑貨にありそうな色彩があったり、日本の青海波に通じるような自然モチーフのデザインがあったり、マネしてみたいと思ったよ。

特にリスとツバメはデザインが何種類もあってね。
あ~地元密着なんだな、と。
リスはイラストがリアルなのに可愛い。
ツバメは幾何学模様的にアレンジされていて、スタイリッシュ。
こういう描かれ方の差ってきっと民話とかにも反映されているだろう。
あっちの民話も読んでみたくなった。
(日本でタヌキがやたらコミカルな扱いなのと似たようなもんだと思われ)


とはいうものの、やはり政治色の強いデザインもある。
でも、それを風刺するデザインもあった。




飴紙以外にも本物のマトリョーシカやモスクワ五輪のグッズも展示あり。
(ただしモスクワ五輪のグッズにはパチモン疑惑のあるものも混ざっているらしいw
マトリョーシカ、可愛いよねえ…
大好き。
なのに、飴紙にはマトリョーシカデザインは一枚もなし。
なんでだろ?
あくまでお土産仕様になっちゃってるのかな?



ちなみにロシアもソビエトも宗教的に一般的なキリスト教ではない。
ロシア正教と呼ばれるもの。
だからクリスマスも新年も風習が全く違う。
赤い服着たコーラサンタはロシアには来ない。
そのかわりにロシアサンタには美少女のお付きがいる、なんとウラヤマシス。
ソビエト時代のクリスマスカードも展示されてたけど、超綺麗。


しかし。
こういう展示が成立するなら、チロルチョコの包み紙も大切にアイロンかけてしまっとけば、数十年後に一攫千金か??
なんでも鑑定団に出ちゃう日が来るのか???
…うん、それはないなwww


雑貨屋内の展示なので、当然物販もあり。
ノートとマグネット購入。
ちゃんと意味のある幾何学模様byウクライナ、だってさ。
今政治的に熱いウクライナだが、政争でこういう綺麗なものが廃れない事を祈るばかり。
バーミヤン(notレストラン)とかねえ…。


青田買いはエライのか???

「自分が好きなものが流行ると悔しい」というサブカル好きがいるらしい。
同時に、「今流行ってるアレ、流行る前から自分は知ってたから!」と自慢したがる人もいるよね。


でもさあ。
そういう青田買いってエライのか???
私は路上ライブとか結構好きで立ち止まる方だし、だからこそ下北でお笑いなんて未知のジャンルにもついてったわけだけど。
だから当然、私が気に入ってた路上ライブの人でも今じゃオリコンランキングに載ってるよ、ってケースもあるんだけど。




それってエライのか???
自慢することなのか???


「これ、好みじゃないけど将来ヒットするわ~」と買い占めた何かが大当たり、転売でぼろもうけ!みたいな話はまだ分かる。
自慢したくもなるよね。


でもさ。
自分が好きなものがヒットしても、それはたまたま「そこにいた」ラッキーがあっただけでしょ?
私が観たお笑いライブの誰かが今後テレビに出まくって、そうなったら彼らが手売りしてる手作り感あるDVDもプラチナになるのかもしれない。
でも、それは別にエライ事じゃない。
たまたま私がその空間にいただけだ。

そういうのを自慢するのはなんか違うと思うんだよな~…
新規開拓好き、路上ライブ好きならそのうち必ず誰かは当たるよ。
そういうもんだって。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

朽葉

Author:朽葉
このページの管理者、朽葉。
とにかく生のステージが好き。
お笑いメインに、芝居、宝塚と西へ東へ。

朽葉姐さんとコンタクトを取りたい方はツイッターID「renrenren12」へ。
http://kutibakareha.blog117.fc2.com/blog-entry-479.htmlのみ、BBS目的にコメント欄公開中。

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。